【FX,今日の予想:ユーロドル】できれば4時間足押し安値実体まで戻ってほしい

 

6月19日(火)の予想通貨はユーロドルになります。

 

昨日は、全体的にプルバックが入らなかったので、このまま動く可能性もありますが、できればプルバックを待って戻り売りを狙いたいところです。

 

それでは、監視ラインをもとにエントリープランを考察していきます。

 

まずは注目すべき経済指標から確認していきます。

 

スポンサーリンク

経済指標

 

発表時間 経済指標
21:30 米・住宅着工件数

 

EURUSD

 

日足の環境認識から見ていきましょう。

 

日足

 

日足は下降トレンド中で、日足直近安値(赤破線)で長い上ヒゲで何度もとめれれ、レジスタンスとして機能しています。

 

その後、ECB政策金利で一気に下降しました。

 

ここから、週足サポートや、日足安値、先月安値(紫太線)を下抜けるかどうかという場面です。

 

4時間足

 

4時間足は押し安値(黄点線)を下抜け、下げの一波が完成しました。

 

ECB政策金利のおかげで、大きく下降しすぎたのでやりづらい局面ですが、下目線でエントリープランを考察していきます。

 

エントリープランA

 

4時間足の紫点線がレジスタンスとして効いているので、このままダブルトップを形成して下降。

 

戻りが浅すぎて手が出しづらいですが、全体的にドルが買われているので、浅い戻りからの下降も考えられます。

 

スポンサーリンク

エントリープランB

 

4時間足押し安値がレジスタンスとして機能して下降。

 

実体部まで戻ってくれれば、フィボナッチ38.2%まで戻り、SMA20も絡みそうなので、許容範囲内の戻り売り候補になります。

 

短期足の波形がきれいであれば、狙っていきたい場面です。

 

エントリープランC

 

半値付近に、先月終値がありますので、ここまで戻ってくれれば、かなりきれいな戻り売り候補になります。

 

ただ、4時間足レベルのレジサポがないのが悩ましいところです。

 

まとめ

 

ユーロドルは下目線で攻めますが、週足のサポートや、先月安値など強めのサポートがありますので、あまり無理をせず、分割決済など、リスクを考慮したほうがよさそうです。

 

ランキングにある自分の紹介文に、今日の監視通貨を記載しております。

興味がある方は下記バナーからご確認ください。


デイトレードランキング

 

  • 当サイトは、情報提供のみを目的としており、投資や運用等の助言をおこなうものではありません。
  • 当サイトを利用した際のトラブルや損害について、当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
  • 投資にあたって最終判断は、視聴者様ご自身の裁量(自己責任)でお願い致します。
  • 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について、当サイト及び管理人は一切の責任を負いません。

 

スポンサーリンク


 

関連記事

お気軽に質問、コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください