【FX,今日の予想:ユーロドル】ペナントブレイク中だが雇用統計でどうなるか

 

8月3日(金)の予想通貨はユーロドルになります。

 

先日のFOMCではペナントブレイクは不発に終わり、上下動で終わりました。

 

ということで、雇用統計に期待です。

 

それでは、監視ラインをもとにエントリープランを考察していきます。

 

まずは注目すべき経済指標から確認していきます。

 

スポンサーリンク

経済指標

 

発表時間 経済指標
10:30 豪・小売売上高
豪・小売売上高
21:30 米・貿易収支
米・雇用統計
加・国際商品貿易
23:00 米・ISM非製造業景気指数

 

EURUSDエントリーポイント

 

日足の環境認識から見ていきましょう。

 

日足は変わらず1ヵ月以上かけてペナント形成

 

日足は変わらず、1ヵ月以上かけてペナント形成中です。

 

FOMCではペナントの真ん中あたりを推移していたので、中途半端な動きになるなとは思っていたのですが、予想以上に動かなかったです。

 

雇用統計でどうなるかですね。

 

4時間足はペナント下限でコマ足出現

 

4時間足はペナント下限で長い下ヒゲが出ているので反転のサインは出ていますが、雇用統計まではとりあえず見送ろうと思います。

 

このまま雇用統計前にペナントを下抜けたとしても自分は入らないと思います。

 

個人的には、雇用統計前に下抜けていた場合、だましに終わり、雇用統計で一気に上がりそうな気もしますので、できれば雇用統計まで抜けずに、もみ合って、一気に雇用統計で抜けてもらいたいところです。

 

ということで、ペナントブレイクを考慮してエントリープランを考察していきます。

 

追記

朝起きた時点でペナントを下抜けていたので、エントリープランを考察しなおします。

 

エントリープランA

 

雇用統計までもみ合って、雇用統計でペナントブレイク。

 

追記

すでにペナントを下抜けていたので除外。

 

スポンサーリンク

エントリープランB

 

ペナントブレイク失敗で上昇。

 

エントリープランC(追記)

 

ペナント下限でレジサポ転換し下降。

 

まとめ

 

どんどん価格が収束してきているので、そろそろ大きく動きそうですがどうなるか。

 

最近の雇用統計は不発ばかりなので、久々に大胆に動いてもらいたいところですが。

 

とりあえずは、雇用統計までは静観しておこうと思います。

 

ランキングにある自分の紹介文に、今日の監視通貨を記載しております。

興味がある方は下記バナーからご確認ください。


デイトレードランキング

 

環境認識をするにはMT4が最適です。

 

OANDA JAPANのスプレッドのポリシーは、ユーザの区別なく、最も狭いスプレッドを提供していることで、MT4のスプレッドでは、世界でも最も狭い水準になっております。

 

不利なレートで約定(スリッページ)、約定拒否(リジェクト)も感じられませんし、再クオート、約定拒否もありません。

⇒OANDA_Japanの口座開設手順

 

  • 当サイトは、情報提供のみを目的としており、投資や運用等の助言をおこなうものではありません。
  • 当サイトを利用した際のトラブルや損害について、当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
  • 投資にあたって最終判断は、視聴者様ご自身の裁量(自己責任)でお願い致します。
  • 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について、当サイト及び管理人は一切の責任を負いません。

 

スポンサーリンク


 

関連記事

お気軽に質問、コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください