【FX,今日の予想:ユーロドル】ECB政策金利でペナントブレイクなるか

 

7月26日(木)の予想通貨はユーロドルになります。

 

それでは、監視ラインをもとにエントリープランを考察していきます。

 

まずは注目すべき経済指標から確認していきます。

 

スポンサーリンク

経済指標

 

発表時間 経済指標
15:00 独・GfK消費者信頼感調査
20:45 欧・ECB政策金利
21:30 米・卸売在庫
米・新規失業保険申請件数
米・耐久財受注

 

EURUSDエントリーポイント

 

日足の環境認識から見ていきましょう。

 

日足はペナント形成中

 

日足は下降トレンド中ですが、週足サポートで反応してから、上にも下にもブレイクせず、長い間もみ合っています。

 

その結果、ペナントが形成されそうです。

 

4時間足は難しい

 

4時間足は大きな波形(赤線)で見れば戻り高値でダブルトップを形成しそうなので下目線。

 

細かい波形(青線)で見れば下降トレンドを崩しているので、どちらかといえば上目線で難しい状況です。

 

さらにペナントを形成しているため、どちらかに抜けるまでは静観でいいと思いますが、ECB政策金利で一気に動く可能性があるので、上目線、下目線でエントリープランを考察していきます。

 

エントリープランA

 

細かい波形で捉えた場合、戻り高値(緑点線)でレジサポ転換が決まり、そのままペナントブレイク。

 

スポンサーリンク

エントリープランB

 

大きな波で捉えた場合の戻り高値(緑点線)かつペナントにタッチしての下降。

 

まとめ

 

ECB政策金利が控えているのでそれまではもみ合って、ECB政策金利で一気にブレイクしてくれるとうれしいです。

 

ランキングにある自分の紹介文に、今日の監視通貨を記載しております。

興味がある方は下記バナーからご確認ください。


デイトレードランキング

 

環境認識をするにはMT4が最適です。

 

OANDA JAPANのスプレッドのポリシーは、ユーザの区別なく、最も狭いスプレッドを提供していることで、MT4のスプレッドでは、世界でも最も狭い水準になっております。

 

不利なレートで約定(スリッページ)、約定拒否(リジェクト)も感じられませんし、再クオート、約定拒否もありません。

⇒OANDA_Japanの口座開設手順

 

  • 当サイトは、情報提供のみを目的としており、投資や運用等の助言をおこなうものではありません。
  • 当サイトを利用した際のトラブルや損害について、当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
  • 投資にあたって最終判断は、視聴者様ご自身の裁量(自己責任)でお願い致します。
  • 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について、当サイト及び管理人は一切の責任を負いません。

 

スポンサーリンク


 

関連記事

お気軽に質問、コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください