経済指標発表時のトレードは控えるべきなのか

 

ファンダメンタルズ分析は一切しておりませんし、今後もテクニカル分析1本でいく予定ですが、それでも経済指標発表の時間だけは毎朝チェックしております。

 

逆指値注文など注文の価格から大きく滑って約定されることがあるので、大きな指標発表直前は逆指値注文はしませんが、経済指標発表前でも自分のパターンが決まっていれば積極的にトレードしています。

 

スポンサーリンク

経済指標

 

経済指標とは、経済状況の構成要因を数値化することにより、経済に関する指標を表しています。

 

経済の良し悪しと連動して、価格も変動するので、経済指標の結果次第で価格が大きく動く要因につながります。

 

覚えておくべき経済指標

 

毎日、どこかの国で経済指標が発表されていますが、すべて覚える必要はありません。

しかし、この指標だけは覚えておかなければ危険、という経済指標がありますので、解説していきます。

 

雇用統計

毎月第1金曜日に発表される、米・雇用統計。

 

非農業部門雇用者数と失業率に注目されており、予想との乖離が大きくなりやすいため、価格も大きく変動しますので、市場参加者が最も注目している経済指標になります。

 

FXだけではなく、金融市場における最大のイベントになるため、雇用統計で一瞬で儲けようと、丁半トレードをしている人も多いと思いますが、それでは博打になるため、やめたほうがいいです。

 

雇用統計でもテクニカル分析通り動くことが多いので、しっかりと分析してトレードするようにしましょう。

 

政策金利

政策金利で最も注目されるのが、FOMC(連邦公開市場委員会)です。

 

FOMCとは年8回開催されており、FF金利の動きに最も注目されています。

 

金利政策ということで、市場に与える影響が大きく、サプライズになることも少なくありません。

したがって夜中の3時(夏時間)に指標が発表されますが、この時間に起きてトレードするトレーダーも多いでしょう。

 

その他にも、ECB政策金利や、英中銀行政策金利なども要注目です。

 

その他にもGDP(国内総生産)などおさえておくべき指標がありますが、すべて覚える必要はなく、下記サイトで経済指標発表時間、重要度がランク付けされていますので、こちらで確認してみてください。

経済指標カレンダー

 

☆3つ以上の指標は価格が大きく変動する可能性があるので、要注目です。

 

スポンサーリンク

経済指標の結果は織り込み済み?

経済指標の結果の良し悪しと連動して、価格が変動するため、ファンダメンタルズ分析をしていないトレーダーにとっては、ギャンブルトレードにつながる気もしますが、面白いことに、経済指標発表で価格が大きく動く際も、テクニカル分析通りに動くことが多いです。

 

「噂で勝って真実で売る」という言葉を耳にしたことはないでしょうか。

 

いい結果を予想して価格がどんどん上がっていきます。

噂が噂を呼んで、みんな買いをいれていく状態ですね。

 

いざ結果が出て予想通りだったら、すでに材料は出尽くしていると判断して、買いをいれいていた人たちは、手じまいをすることにより、価格が下降してしまいます。

また、予想に反して結果が悪かった場合は、いわずもがな価格は急落します。

 

これが、織り込み済みと呼ばれるものです。

 

初心者の頃は、この上昇につられて買いをいれて高値つかみをしてしまうことが多いんですね。

 

じゃー価格はどこから一気に下がったのか、といわれると、レジスタンスラインで反応して、一気に価格が下がるという、テクニカル分析通りの動きになることが多いわけです。

したがって、テクニカル分析をしていれば、ファンダメンタルズ分析は必要ない、という見解に至りました。

 

経済指標発表時の注意点

経済指標発表時のトレードは一気に価格が動いて利確することができるため、チャンスがあれば積極的にトレードしています。

しかし、注意しておくこともあります。

 

それは、一気に価格が動くことによるスリッページです。

スリッページにより、不利な注文になることもありますので、すでにエントリーしている場合は構いませんが、指標発表直前の逆指値注文は控えたほうがいいかもしれません。

 

特に、覚えておくべき経済指標でも説明した、雇用統計、政策金利など、☆4以上の経済指標は大きく滑ることが多いので、注意しましょう。

 

また、損切りも不利な価格で決済されることもありますので、自信がないときは見送るのも一つのトレード計画だと思います。

 

まとめ

 

経済指標発表は価格が一気に動くため、大きなチャンスになります。

その分、スリッページなどのリスクもありますので自信がないときは見送るのも立派なトレード計画になります。

 

経済指標発表時は絶対にトレードしない、というトレーダーもいると思いますので、自分の負担にならないスタイルを確立させていきましょう。

 

参考になった方だけで構いませんので、応援していただけるとうれしいです。


デイトレードランキング

 

  • 当サイトは、情報提供のみを目的としており、投資や運用等の助言をおこなうものではありません。
  • 当サイトを利用した際のトラブルや損害について、当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
  • 投資にあたって最終判断は、視聴者様ご自身の裁量(自己責任)でお願い致します。
  • 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について、当サイト及び管理人は一切の責任を負いません。

 

スポンサーリンク


Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.