時間とお金を無駄にしないためには指値、逆指値が必須

 

どうしても動いているチャートを見ているとメンタルが崩れ、損切り幅を引き延ばして大損をしてしまったり、チキン利食いにより、大きな利益を取りこぼしてしまったりして、さらにメンタルが崩れる。

 

という経験は誰もが通る道かもしれません。

 

また、成行決済を執行するためには、常にチャートを見なければならないので、時間の無駄にもなります。

 

決済方法をマスターすることによって時間とお金を無駄にせず済みますので、解説していきます。

 

スポンサーリンク

FXの注文方法

 

成行決済や指値注文、OCO注文など、FXにおいて、注文方法は様々あります。

 

この注文方法をマスターすることによって、メンタルに左右されないトレードをすることが可能になるため、チキン利食いや、損切り幅の変更をすることがなくなります。

 

成行注文とは

 

成行注文とは、現在の価格でエントリーしたい場合に活用する注文方法です。

 

価格の動きを洞察して、今このタイミングで買いたい、となれば成行買いをすることによって、その価格でロングが執行されます。

 

エントリー後、価格が下がってしまった場合は、自分のエントリー根拠が崩れたのであれば、成行決済で損切りすることができます。

 

しかし、この成行決済は感情がコントロールできないと、目標の価格まで行っていないのに、ちょっとした押し目にビビッてしまい、チキン利食いをしてしまったり、エントリーの根拠が崩れたにもかかわらず、もう少し下がってから上がりそう、という根拠が薄いことを考えてしまい、損切りできずに大損をしてしまう、ということに繋がってしまいます。

 

そうならないために、エントリー後は、OCO注文で、指値決済、逆指値決済を必ず設定しましょう。

 

OCO注文

 

OCO注文とは、現在エントリーしているポジションに対して、指値決済、逆指値決済を設定します。

 

片方の決済が通ったら、もう一方の決済はキャンセルされます。

 

図を使って、簡単に説明します。

100円をブレイクしたので、ここでエントリーしたとします。

 

利確目標が101円で、損切りを99円に設定したい場合

 

決済逆指値(赤枠)に99円、決済指値(青枠)に101円を設定することにより、OCO注文が設定されます。

 

後は、価格が上昇した場合

決済指値に引っかかり、101円で利益確定となります。

 

その時、99円で逆指値決済していた注文が取り消されます。

 

逆に、価格が99円まで下降した場合は、逆指値決済に引っかかり、99円で損切りが確定し、101円の指値決済していた注文が取り消されます。

 

かなり便利なので、自分はOCO注文をメインで活用しています。

 

スポンサーリンク

OCO注文したらあとはチャートを閉じて放置

 

OCO注文で、利確と損切りを設定したら、あとはその価格に到達すると勝手に決済されるので、放置するだけです。

 

なので、チャートは閉じちゃいましょう。

 

そうすることで、いちいち価格の変動にビクビクする必要がなくなります。

 

チャートを閉じているわけですから、ちょっとした押し目や戻りが入っても全く気にならないので、チキン利食いによる大きな利益を取りこぼすこともありませんし、損切り幅を引き延ばして大損することもなくなります。

 

エントリーしたチャートを開いたままにしていると、価格の変動がいちいち気になってしまい、時間の無駄につながりますし、他通貨のチャンスを見逃す可能性も高くなってしまいます。

 

したがって、OCO注文したらそのチャートは閉じる。

こうすることで、感情に左右された決済がなくなります。

 

逆指値注文

 

このラインを超えたらエントリーしよう。

 

というときには逆指値エントリーが便利です。

 

自分も8割以上が逆指値エントリーになっていますので、かなり重宝しております。

 

 

 

例えば、高値の110.700円を超えたらロングしたいと思った場合、現在の価格より上の価格で右クリックします。

 

すると、注文発注に逆指値買いが出てきます。

 

これをクリックすると

 

 

逆指値注文画面が出ますので、価格にエントリーしたい価格を入力し発注ボタンを押せば、あとあはそのラインを価格が上抜けたら自動的にエントリーしてくれます。

 

夜中にこのライン抜けそうだけどなー、ってときもわざわざ起きている必要がなく、逆指値設定をすれば、自動的にエントリーしてくれます。

 

気を付けなければならないのが、スプレッド込みで設定した価格を超えた時に自動的にエントリーになりますので、エントリーしたいラインのちょっと上+スプレッド分を上乗せして設定する必要があります。

 

そうしなければ、高値を上抜けしていないにもかかわらず、スプレッド分が抜けていたのでエントリーしてしまった、ということになってしまいますので注意しましょう。

 

指値注文

 

このラインまで価格が戻ってきたらエントリーしよう。

 

というときには指値エントリーが便利です。

 

例えば、サポートの110.330円まで戻ってきたらエントリーしたい思った場合、現在の価格より下の価格で右クリックします。

 

すると、注文発注に指値買いが出てきます。

 

右クリックする価格によって指値買い、逆指値買いと変わってくるので注意しましょう。

 

あとは指値買いをクリックすれば、注文画面が開きますので、逆指値買いの注文同様に、エントリーしたい価格を入力して発注することで、わざわざ監視する必要なく、エントリーしたい価格まで価格が戻ってきてくれれば勝手にエントリーしてくれます。

 

まとめ

 

OCO注文はとても便利な注文方法です。

 

便利なだけではなく、OCO注文したらチャートを閉じて放置することにより、チキン利食い、損切り幅の変更がなくなります。

 

また、エントリーしたチャートの動向が気になり、その通貨に集中していると、他通貨のチャンスを見逃す可能性も高くなるため、時間も無駄になります。

 

感情に左右されて、メンタルが崩れてしまうようであれば、OCO注文後はチャートを閉じて、決済されるまで放置してみてはいかがでしょうか。

 

エントリーも逆指値エントリー、指値エントリーを駆使することで、監視時間も減りますしタジタジ病になる心配もありません。

 

また、寝ている時間にブレイクしたらどうしよう、という心配も不要で、逆指値エントリーの設定をしておけば、あなたが寝ている時間にもエントリーしたいところで自動的にエントリーをしてくれるので、機会損失も防げますし、何より楽です。

参考記事FXに派手さは不要、下手でもいいのでコツコツと稼ぐ

 

参考になった方だけで構いませんので、応援していただけるとうれしいです。


デイトレードランキング

 

  • 当サイトは、情報提供のみを目的としており、投資や運用等の助言をおこなうものではありません。
  • 当サイトを利用した際のトラブルや損害について、当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
  • 投資にあたって最終判断は、視聴者様ご自身の裁量(自己責任)でお願い致します。
  • 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について、当サイト及び管理人は一切の責任を負いません。

 

スポンサーリンク


Tags:
 

関連記事

お気軽に質問、コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください