アナリストも師匠も関係ない、エントリーの最終判断は自分自身

 

FXを続けていくうえで必ずといっていいほど、壁にぶち当たるのが判断の迷い。

ちょっと負けが続くと、自分の目線に自信が持てなくなるんですね。

 

絶対がないのが相場の世界。

それでも自分の判断を信じて愚直にエントリーし続けるしかないんですよね。

 

スポンサーリンク

トレードは自己責任

 

FXは誰かに強制的にやらされているわけではありません。

自分自身の判断で買うのか、売るのか、はたまた見送るのか。

 

アナリストが上がる予想していたので・・・

それであなたが、買いをいれて負けたとしても、最終的に買いポジションをもった、あなた自身に問題があります。

 

自分の大切なお金を、他人任せに投機するのはよくありません。

 

相場に100点の答えはないが、マイルールを徹底し続ければそれは100点トレード

相場の世界に完璧な答えを追求することはナンセンス。

 

同じ相場でも、上目線で見ているトレーダーもいれば、下目線で見ているトレーダーもいます。

レジサポもヒゲ先に引く人もいれば、実体に引く人もいる。

単純移動平均線を表示させている人もいれば、指数移動平均線を表示させている人もいます。

 

しかし、これらはどうでもいいことで、ダウ理論をマスターしているのであれば、上目線であろうが、下目線であろうが、自分なりの目線で統一していれば何も問題ありません。

 

レジサポに関してもヒゲ先に引こうが、実体に引こうがどうでもいいことで、自分のルールでヒゲ先にレジサポを引くと決めたのであれば、それはそれで正解になります。

 

アナリストの情報によって目線を切り替えたり、ネットの情報でレジサポの引き方を変えたりするのは、やってはいけないことです。

ようするに、自分が決めたルールに逆らわなければ、それは自分にとって100点トレードになります。

 

スポンサーリンク

最終的に自分を信じる力が必要

ちょっとでも負けが続くと、自分の目線に自信が持てなくなり、ネット情報に振り回されることになります。

せっかく自分のルールでは勝っていたのに、アナリストを信用して、負けてしまう。ということもあるでしょう。

 

やはり、自分の判断が一番、と思えるようになるまで、過去検証して自信をつけることが大切です。

自信がつけば、ちょっと負けが続いたからといって、ネット情報やアナリストに振り回されることはありません。

 

まとめ

 

FXで大切なことは、自分の判断を信じ抜くことができるかどうか。

トレードするにあたり、他人の情報なんて何の役にも立ちません。

 

ちょっとした負けが続いたからといって、判断がブレブレになってしまうと、他人の情報に流されてしまいます。

そうならないためにも、過去検証をして、自分の判断を信じぬく力を身につけましょう。

 

参考になった方だけで構いませんので、応援していただけるとうれしいです。


デイトレードランキング

 

  • 当サイトは、情報提供のみを目的としており、投資や運用等の助言をおこなうものではありません。
  • 当サイトを利用した際のトラブルや損害について、当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
  • 投資にあたって最終判断は、視聴者様ご自身の裁量(自己責任)でお願い致します。
  • 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について、当サイト及び管理人は一切の責任を負いません。

 

スポンサーリンク


Tags:

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.