FXあるあるの押し目待ちに押し目なしは気にするな!

 

FXでの基本的な戦略である、押し目買いや戻り売り。

 

想定したラインまで押し目や、戻りが入らずに一気に上昇する場面も相場の世界では数多く存在します。

 

プルバックが浅いせいで、エントリーできず、思惑通りに価格が伸びてしまったときの怒りや切なさはたまりません。

 

しかし、これは機会損失でも何でもなく、マイルールにしたがってエントリーを見送ったので、特に問題ありません。

 

むしろ、気にしているようでは、ポジポジ病につながりかねません。

 

スポンサーリンク

想定のラインは必ず守る

 

押し目買い、戻り売りを基本的な戦略として取り入れているのであれば、押し目待ちに押し目なし、戻り待ちに戻りなく、一気に価格が伸びてしまうことはよくあります。

直近高値(赤線)で押し目買い候補を設定していましたが、押し目を付けず、価格が上昇してしまい悔しい思いをした方も多いでしょう。

 

しかし、これをもったいないと思ってしまってはいけません。

 

ルール外の取引で勝つのはただのギャンブルトレード

 

今回は押し目なく上昇してしまいましたが、これをもったいないと思ってしまったら、自分の取引ルールがブレブレになり、資金を徐々に減らしていく可能性が高まります。

 

今後も、似たような状況が出てくるでしょう。

 

もったいない精神があれば、前回は押し目候補までプルバックが入らず上昇したので、またここから上昇したらもったいないから、ここでエントリーをしちゃおう、という考えに至ってしまいます。

 

その結果、自分のルール外の取引になるため、勝ったとしてもそれは運で勝っただけで、長い目で考えた場合、必ず勝率やリスクリワード比が安定せず、トータルで損失を抱えることになるでしょう。

 

ちょっとした意識の緩みが、無駄なトレードにつながり、ポジポジ病発症の原因になることを理解しておく必要があります。

 

中途半端な位置で反発しても見送る精神力を身につける

 

先ほどは押し目なく上昇しましたが、想定のラインを越えて上昇する場合もあります。

 

直近高値(赤線)お押し目買い候補を下抜けました。

 

この時点で、直近高値で反応しなかったため、直近高値は押し目買い候補から消去されます。

 

次の押し目買い候補は押し安値(緑線)の押し目買い候補2だったとしますが、こちらも押し安値まで届かずに反発上昇してしまうことがあります。

 

これも、想定のラインで反応していないため、絶対に反発したからといってロングエントリーをしてはいけません。

 

こちらも、運よく勝つことはありますが、長い目で見たら必ず損失につながります。

 

もったいない精神を捨てなければ、いつまでたっても見送る精神力が身につかず、ポジポジ病につながり、安定したトレード結果を残すことは難しいでしょう。

 

スポンサーリンク

想定のラインまでプルバックが入ってからがエントリー準備スタート

 

想定のライン外で反発したとしても、それは期待値の高いトレードとは言えませんので、しっかりと想定のラインまで引き付ける必要があります。

 

想定のラインまでプルバックが入ったら

 

想定のラインまで引き付けて初めて、エントリーの準備に入れますので、時間軸を落として、エントリータイミングを計ります。

 

エントリー手法はチャートパターンであったり、N字で攻めたりと、手法も自分なりのルールを決めておく必要があります。

 

例えば、長期足の波形(黒線)が上昇トレンドと仮定し、押し目買い候補の直近高値(赤線)まで価格が戻ってきたとします。

 

想定のラインタッチでエントリーするわけではありません。

 

想定のラインはあくまでも予想のラインになりますので、反発しない可能性もあります。

 

それではどうしたらいいのか。

 

ここではじめて短期足に切り替えプライスアクションを確認する作業に移ります。

短期足の波形が青線で、上位時間軸の押し目買い候補到達後に、短期足で戻り高値を上抜け、さらに高値をブレイクしたことにより短期足も上昇トレンドに切り替わります。

 

上位足も上昇トレンド中で押し目買い候補まで価格を付けた。

 

短期足も戻り高値を上抜け、その後高値をブレイクすることで上昇トレンドに切り替わるので、上位時間軸の直近高値で上昇のプライスアクションが起こったということになり、優位性のあるトレード、ということになります。

 

まとめ

 

押し目買い候補や戻り売り候補までプルバックが入らずに、思惑の方向に価格が伸びることが多々ありますが、これを悔しいとか、もったいないなど思ってはいけません。

 

そういった思考は、のちに無駄なトレードにつながり、ポジポジ病になってしまいます。

 

自分の想定外の価格で反発したとしても、それは機会損失ではなく、自分のルールにあわない相場なだけであったため、見送ればいいだけです。

 

これを見送るのが苦痛になっているようでは、いつまでたっても安定したトレード結果を残すことは難しくなってしまいます。

 

また、想定のラインまでプルバックが入ったとしても、ラインタッチでエントリーするのではなく、必ず短期足に落としてプライスアクションを確認してからエントリーするようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク


Tags:
 

関連記事

お気軽に質問、コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください