「FX専業デイトレーダーへの道」これを実践すればあなたも勝ち組

 

FX専業デイトレーダーになるためには、基本的な知識からトータルで安定して勝てるためのチャート分析、メンタル、資金管理などが必要になります。

 

自分が専業デイトレーダーになるまでに必要と感じている情報は惜しみなく提供しておりますが、こちらの記事で全てまとめました。

 

専業トレーダーになるためには、かなりの努力が必要になります。

 

たった1カ月で100万円!?

サイン通りに取引するだけで勝ち続けられる!?

 

みたいな話はないので、しっかりと知識や技術、メンタルを身につける必要があります。

 

初心者から中級者までの情報をまとめておりますので、自分のスキルに合わせて読み進めていただけたらと思いますが、復習もかねて1から順番に読み進めることをおすすめします。

 

スポンサーリンク

FXの基本的な知識

 

 

FXをまだ始めたばかりで何もわからない方は、まずは基本的な知識から身につける必要があります。

 

まずはそもそもFXって何?という話から進めていきます。

 

そもそもFXって?

 

FXって何?どうやって稼ぐ仕組みなの?

 

という、FXを始めて間もない方にはこちらの記事から進めてください。

⇒FXとはどのように稼ぐの?資金はいくら必要?

 

スプレッドは取引毎にかかるコストなので狭いほうがいい

 

FXは通貨を買うときの価格(ASK)と売るときの価格(BID)に差があり、この差のことをスプレッドといいます。

 

スプレッドにより、取引毎にコストがかかりますので、無駄な取引は省く必要があります。

⇒2WAYプライス(ASK,BID)を考慮し無駄な損失を回避

⇒スキャルピング手法をおすすめしない3つの理由

 

通貨ペアはドルストレートとクロス円

 

通貨にはアメリカのドルや、欧州のユーロなどあります。

 

もちろん、日本の円もメジャーな通貨ですが、FXはメジャーな通貨のほうがセオリー通りに動いてくれるので、通貨ペアの選択も重要になります。

⇒どの通貨ペアを選択すべきか

⇒FXは1通貨ペアだけに集中すべきか複数通貨監視すべきか

 

FX最大の特徴は複利でお金がどんどん増えていく

 

FXはある程度安定して勝てるようになれば、大きなPips数を稼ぐことができなくても、お金が雪だるま方式で増えていきます。

 

それは、複利運用ができるからです。

 

複利の強みや怖さをおさえておきましょう。

⇒FXは100PIPS/月で十分!?恐るべき複利の力

 

FXを始めてみよう

 

 

FXはどのように売買するのか、決済はどうしたらいいのかなど、まずは始めてみなければ慣れていきません。

 

FXを始めるためにはFX業者に登録する必要があります。

 

まずはFX業者に登録

 

お金を稼ぐためには、FX業者に登録しなければ何も始まりませんので、まずはFX業者に登録しましょう。

 

スプレッドやスワップポイント、操作性など業者によって様々ですが、自分がおすすめする3つの業者をご紹介します。

 

OANDA JAPANは自分が利用している業者で、MT4のスプレッドは業界最安値水準です。

⇒OANDA_Japanの口座開設手順

 

GMOクリック証券はFX取引高6年連続世界第一位で業界最高水準のスペック、高機能な取引ツールが人気になります。

⇒GMOクリック証券の口座開設手順

 

DMM.comはFX業界最狭水準のスプレッドで初心者から上級者まで好評の取引ツールが魅力です。

⇒DMM.comの口座開設手順

 

取引する際はモニターがあると便利

 

ノートパソコンで取引している方であれば、モニターはあったほうがFXの取引はかなりしやすくなります。

 

ノートパソコンのような小さい画面だとどうしてもチャート分析がしづらですが、モニターが1枚あるだけで、だいぶチャート分析がしやすくなりますし、複数通貨を監視するのも楽になります。

⇒FXで取引する際、モニターは何枚必要ですか?

 

MT4の使い方やおすすめのツール

 

MT4は使い勝手がかなりいいのですが、最初につまづくポイントもあります。

 

MT4でのチャート設定や、便利なツールなどをご紹介していきます。

⇒MT4を有効活用しFXの取引・過去検証をスムーズにする

⇒MT4で複数時間足を表示し、ラインを他チャートに自動反映

⇒MT4で普段の監視、取引方法を公開

 

FXの基本的な注文方法をマスター

 

FXでは注文方法も様々あり、成行注文しかわからないと、エントリー前もエントリー後もパソコンに張り付く必要があるため、精神的にも肉体的にも疲労してしまいます。

 

指値、逆指値注文を覚えることで、パソコンの前に張り付く必要がなくなります。

⇒時間とお金を無駄にしないためには指値、逆指値が必須

 

スポンサーリンク

FXでトータルで安定して勝つためのチャート分析

 

 

ここからはFXで勝てるようになるためのチャート分析力を磨いていきます。

 

チャート分析ができなければ、トータルで安定して勝つことは難しいですので、しっかりと身につけていく必要があります。

 

ダウ理論で買いが強いのか、売りが強いのかを絞り込む

 

チャート分析するうえで欠かせないダウ理論。

 

この理論をマスターしなければ、売買の根拠を持たせることができません。

 

しっかりとダウ理論をマスターしましょう。

⇒FXで勝ち続けるにはダウ理論で目線を固定することが大切

 

レジスタンスライン、サポートラインで反転を察知

 

ダウ理論はトータルで勝つためには必須事項ですが、それだけでは安定して勝つことはできず、レジスタンスライン、サポートラインをしっかりと引けるようにならなければなりません。

 

レジスタンスライン、サポートラインは押し目買い候補や、戻り売り候補、ブレイクで価格が伸びるポイントを絞るために必要になりまので、損小利大の期待値のあるトレードが可能になります。

⇒レジサポ転換を意識してFXをより優位に

 

マルチタイムフレーム分析で長期の流れに逆らわないトレードを

 

ダウ理論、レジサポをマスターしたら、最後に複数時間軸で分析します。

 

1つの時間軸でダウ理論、レジサポで教科書通りの動きをしたとしても、上位足の流れや上位足のどの位置に価格があるのかを理解できていないと勝つことができません。

 

マルチタイムフレーム分析を極めることが、FXで安定して勝ち続けれられる秘訣になります。

⇒マルチタイムフレーム分析を理解すればFXで勝つのは簡単

 

過去検証をしなければスキルは上がらない

 

ダウ理論、レジサポ、マルチタイムフレーム分析は一朝一夕で身につけることができません。

 

動いているチャートであれば、日足であれば1日に1本しか進みませんので、1日分の検証しかできません。

 

しかし、過去チャートで検証することで、1日に数か月分のチャートを検証することができますので、最低でも1年分は過去チャートでダウ理論、レジサポ、マルチタイムフレーム分析の検証をしましょう。

⇒FX過去検証における大切な8ステップ

 

ダウ理論、レジサポ、マルチタイムフレーム分析は本当に大切

 

やはりFXで安定して勝つためには、ダウ理論、レジサポ、マルチタイムフレーム分析が必須です。

 

初心者のうちはどこでエントリーするかに気を取られてしまいがちです。

 

いわゆる手法探しに必死になります。

 

確かにエントリーポイントを絞り込むことは大切なことですが、やはりダウ理論、レジサポ、マルチタイムフレーム分析を身につけなければ話になりません。

 

ダウ理論、レジサポ、マルチタイムフレーム分析の復習になってしまいますが、大切な内容なので何度も見たほうがいいでしょう。

⇒FXで稼げるようになるまでにしたことを全てまとめてみました

 

エリオット波動で価格が伸びるポイントを察知

 

ダウ理論がわかっていなければ使えないエリオット波動。

 

エリオット波動の第3波のみを狙うだけでも安定して稼ぎ続けることが可能になります。

⇒FX初心者のうちはエリオット波動の第3波だけを狙い撃ち

 

頭と尻尾はくれてやれ

 

相場の格言に頭と尻尾はくれてやれという言葉があります。

 

頭と尻尾は市場参加者が迷う場所なので、値動きが安定せず負けやすいポイントになります。

 

頭と尻尾はどこになるかはフィボナッチを使うことで明確になります。

⇒フィボナッチの使い方をマスターすれば頭と尻尾が明確に!?

 

移動平均線を補助的に使ってチャート分析

 

移動平均線はもっとも使われているインジゲータではないでしょうか。

 

移動平均線を補助的に使うことで、現在の相場状況が把握しやすくなりますが、あくまでも補助的に使わないと、勝つことはできません。

⇒移動平均線だけでエントリーポイントを見出すとだましにあう

 

ボリンジャーバンドを補助的に使ってチャート分析

 

自分はボリンジャーバンドは使っていませんが、今なお多くのユーザに使われているインジゲータになります。

 

ボリンジャーバンドを表示させることで、チャート分析がしやすくなりますのでご紹介します。

⇒ボリンジャーバンドの使い方やMT4での設定、手法を紹介

 

山、谷をどのようにとらえるのが正解か

 

チャート分析をしていると、微妙な高値や安値をどのようにしてとらえるのかがわからなくなってしまいます。

 

相場に正解はありませんが、トータルで勝つためには、自分なりの高値、安値を見出し統一していく必要があります。

⇒相場の高値、安値(山、谷)はどう見るべき?

 

FXでエントリーするために覚えておきたいこと

 

 

基礎知識を学び、チャート分析ができるようになってはじめてエントリーに結びつきます。

 

勝ち組の中でも、ブレイクが得意だったり、チャートパターンに特化したりと、エントリーパターンは様々で、自分にあったエントリー手法を身につけていく必要があります。

 

チャートパターンを覚えて価格が大きく動く可能性が高いところを絞り込む

 

チャートパターンは上に行くか、下に行くか市場参加者の迷いから生じますので、結果がついたときには価格が大きく動く可能性を秘めています。

 

したがって、チャートパターンがでたら大きく勝てるチャンスになりますので、頭に叩き込みましょう。

⇒絶対に覚えておくべきFXチャートパターン集

 

ロウソク足からも市場参加者の心理が丸わかり

 

もちろんチャート分析したうえで読み取らないといけませんが、ロウソク足の形から市場参加者の心理を読み取り、トレードにつなげることが可能です。

⇒コマ足は一気に伸びるチャンス

 

ナンピンは魔の手法

 

ナンピンは勝率をぐっと上げますが、上級者向けのテクニックになります。

 

勝率を上げるがゆえに、初心者のうちからナンピンにドはまりしてしまっては、いつか破産につながりますので、正しい知識を身につけましょう。

⇒FXでのナンピン手法は計画的に実施しないと破産の道へ

 

トータルで勝つためにはだましっぽいだましの回避が必須

 

FXでよく聞くだまし。

 

機関投資家やヘッジファンドが大きなお金を投じることで個人投資家を誘い込み利益を上げる方法ですが、だましを100%回避することは不可能です。

 

ただし、だましっぽい動きに翻弄されているようでは、いつまでたってもトータルで利益を上げることができません。

⇒FXでだましブレイクを回避するには

 

経済指標発表時のエントリーは注意

 

経済指標発表時は大きく動くことが多いので、大きな利益を上げれる反面、スリッページやスプレッドの拡大で予想以上の負けを被る場合もあります。

⇒経済指標発表時のトレードは控えるべきなのか

 

スポンサーリンク

FXで勝つためにはメンタル・資金管理も重要

 

 

FXで勝つためには手法や相場分析が重要ですが、それと同等に大切になるのがメンタルや資金管理です。

 

いくら技術があっても、資金管理がなっていないと破産確率が上がりますし、メンタルが弱いとビビり利食いや、損切り幅の引き延ばしで、トータルで勝てる技術があるにもかかわらず負け越す可能性が高まります。

 

メンタルに耐えられる損切り額を

 

FXで勝つためには適切な損切りが必要です。

 

躊躇なく損切りできるには自分の資金に見合った損切り額を設定する必要があります。

 

負け額を抑え、勝つときに大きく勝つことでトータルで勝てるのがFXですので、色々なブログにあるような勝率100%トレードは無理です。

 

損切りは必ずしましょう。

⇒脱損切り貧乏、大切なのはロット数調整

 

いかに自分を信じてトレードできるか

 

トレードに自信がなくなると、他の情報に振り回されてしまいます。

 

他の人がこう言っているから、自分のルールになったけど見送ろうかなとタジタジ病になったりしてしまいがちです。

 

下振れで連敗してしまったとしても、最終的にはトータルで勝てるんだという強い自信を持つことが必要です。

⇒アナリストも師匠も関係ない、エントリーの最終判断は自分自身

 

中々エントリー機会がなく待ちきれない

 

デイトレーダーレベルであれば、平均して1日に1回くらいです。

 

2、3回トレードチャンスがあればいいほうです。

 

それでも負けが続くとどうしても取り戻したいという気持ちが強くなってしまい、ポジポジ病になってしまいます。

 

本当は勝てる技術があるにもかかわらず、メンタルがやられポジポジ病になり勝てないトレーダーになってしまうのは非常にもったいないことです。

⇒FXでは待つことが重要

 

FXで勝てない人の特徴を理解しておく

 

FXで勝てない人はそもそもマイルールがないとか、メンタルが弱い、資金管理がなっていないなど根本的な内容が挙げられますが、それ以外にも注意すべき点があります。

 

FX負け組の特徴を理解することで、どのようにして勝ち組になるのかが見えてくるはずです。

⇒FXは負け組を参考にすればおのずと勝てる道が開かれる

⇒FXで成功するためには?FXで失敗してしまう人の共通点

 

レバレッジ調整で資金管理を徹底

 

ハイレバレッジは怖いイメージですが、実はハイレバレッジは必要証拠金が少なく済むため、証拠金率によるロスカットの可能性が低くなります。

 

大切なことは、ハイレバレッジでもいいので、資金管理を徹底することです。

⇒危険なのは高レバレッジではなく誤った資金管理

 

FXは勘違いを改めないといつまでたっても勝てない

 

 

ここまでFXの知識、チャート分析や手法、メンタル、資金管理を学んできました。

 

もちろん、記事を読んだだけでは勝てるようになりませんが、記事の内容を意識して検証し続けることで、専業デイトレーダーとしての道が見えてきます。

 

ただし、ちょっと勉強したからといって、この内容じゃ勝てない、やはり聖杯があるはずだと勘違いし始めたら危険信号です。

 

FXの聖杯を求める旅に出てしまう

 

FXで勝っている人は絶対に必勝法があるはずだと、誰しもが思うはずです。

 

しかし、最強の手法やインジゲータ、必勝法なる聖杯はありません。

 

これは、長年勝ち続けてきている専業トレーダーでさえ口をそろえて言っています。

 

インジゲータのこねくり回しや、聖杯探しは時間の無駄ですのでやめましょう。

⇒FXで聖杯を求め続けるのはおすすめしない

⇒FXのインジゲーターは最強ではない

⇒手法だけでFXは勝てない・・・大切なのは相場観を養うこと

 

勝率ばかり気にしてしまう

 

勝率を上げるために努力することはいいことです。

 

しかし、それが間違った方法で勝率を上げているとしたらかなり危険です。

⇒勝率向上を目的をした無計画な損大利小は破産間近!?

 

FXは簡単に勝てると思われがち

 

今からスポーツのプロになるのは簡単ではないと理解できますが、FXのプロに関してはだれでもなれそうな気がしてしまいます。

 

自分もその一人でしたが、この考えを改めなければ勝てるようにはなりません。

⇒FXは簡単に勝てる?なめているようでは絶対に勝てない

 

FXはスマホでも取引可能だが

 

スマホで取引して勝っていると謳っているトレーダーもいますが、自分から言わせるとなぜスマホで相場分析ができるのかが謎すぎます。

 

自分も出かけなければならないときはスマホで取引をしますが、それはパソコンでチャート分析をしており、ある程度、相場状況を頭に叩き込んでいるからできることです。

 

スマホでチャート分析や検証をしているようでは、勝てるようになるかもしれませんが、ラインも引きにくいですし、ロウソク足も小さすぎてパターン認識しづらいですし、勝てるようになるまでかなり時間が掛かってしまいます。

⇒なぜスマホだけでFXをしているんですか?

 

セミナーに参加しまくることが努力と思っている

 

セミナーに参加することは否定しません。

 

お金を払ってまで参加するわけですから、モチベーションも上がり、勉強になることもあるでしょうが、セミナーに参加しまくることがFXで勝つための努力だと思っている方は注意が必要です。

⇒未だにFXセミナーに参加しまくっている人は一生勝てないかも

 

せっかくFXで勝てるようになってもこれを知らなきゃ破産するかも

 

 

これまでの内容を身につけるためには努力をし続けなければなりません。

 

努力し続けて専業トレーダーになったとしても、以下のことを頭に入れておかなければ破産する可能性が高まります。

 

税金って思っている以上に高いです

 

FXで得た利益も所得扱いになりますので、税金がかかります。

 

税金の知識があいまいで、FXで上げた利益を使いすぎてしまうと痛い目に合います。

⇒FX税率20.315%という名の罠

 

勝てるようになると出てくる変な自信

 

FXで勝てるようになってくると自分はうまいんだ、と勘違いしてしまいがちです。

 

こういったうぬぼれが、マイルールに反した相場であっても強気にトレードしてしまい、こういった小さな積み重ねがトータル収支をマイナスにしてしまう要因につながってきます。

⇒うぬぼれるのは危険な思考

 

FX業者選びに失敗すると・・・

 

FX業者によって、完全信託保全なのか一部信託保全なのか、週次信託なのか日次信託なのか異なり、この違いによって、万が一業者が破綻したときの対応が変わってきます。

 

海外業者の場合は、最悪お金が返ってこないこともありますので、正しい知識を身につけましょう。

⇒FX業者が破綻したら預けたお金は・・・

 

まとめ

 

FX専業デイトレーダーへの道をまとめました。

 

この記事を理解し、検証し続けることができれば専業トレーダーの道が見えてくるでしょう。

 

ただし、数カ月勉強した程度では専業トレーダーにはなれません。

 

自分は毎日10時間ほど勉強し、検証し続けた結果、2年間で専業トレーダーになることができました。

 

サインツールに頼りそうになっていた時期もありますし、石ころのような無駄な情報にも振り回されたので、もっと早く専業になれたかもしれませんし、まだまだ石ころのような情報に振り回されて、まだ専業になっていなかったかもしれませんし。

 

したがって、どれくらい検証し続けたら専業になれるのかは断言できませんが、検証し続ければいつか必ず専業になれますので、諦めずにチャートを見続けましょう。

 

ランキングにある自分の紹介文に、今日の監視通貨を記載しております。

興味がある方は下記バナーからご確認ください。


デイトレードランキング

 

  • 当サイトは、情報提供のみを目的としており、投資や運用等の助言をおこなうものではありません。
  • 当サイトを利用した際のトラブルや損害について、当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
  • 投資にあたって最終判断は、視聴者様ご自身の裁量(自己責任)でお願い致します。
  • 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について、当サイト及び管理人は一切の責任を負いません。

 

スポンサーリンク


Tags:
 

関連記事

2 Comments
    • あきら

お気軽に質問、コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください