FXで勝ち続けるにはダウ理論で目線を固定することが大切

ダウ理論で目線を固定

 

今回は目線の固定について説明します。

目線を固定し

 

上目線の場合はロング一択

下目線の場合はショート一択

 

これさえ守っていれば、FXで利益を上げる可能性が高まります。

これさえ守っていれば、FXで専業トレーダーになる可能性が高まります。

 

もちろん、レジサポや、資金管理、リスクリワード比など、意識しなければならない事項はありますが、基本は上記のことを守れば、そんなに間違ったトレードをすることはなくなるでしょう。

 

それでは、目線を固定するためには、どうしたらいいのでしょうか。

 

スポンサーリンク

ダウ理論で目線を固定しロングかショートかを絞る

 

目線を固定するためには、ダウ理論を理解する必要があります。

実際にダウ理論をネットで調べたものの、よくわかりませんでしたが、結局は、

 

上昇トレンドが崩れるまでは上目線

下降トレンドが崩れるまでは下目線

 

これさえおさえておけば問題ないでしょう。

 

今回は上昇トレンドについて、説明します。

 

上昇トレンドとは

 

上昇トレンドとは高値を切り上げている、かつ、安値も切り上げている。

これが上昇トレンドの定義です。

 

押し安値を切るまでは上昇トレンド継続です。

それでは実際のチャートを用いて解説します。

 

FX ダウ理論

上昇トレンドが発生するには、下降トレンドの崩壊が必要です。

 

下降トレンドが崩壊する条件は、戻り高値を上抜けることです。

 

黄線を戻り高値として設定しましたので、黄線を上抜けたポイントが、下降トレンド崩壊のポイントになります。

 

FX ダウ理論

戻り高値(黄線)を抜いたことにより直近高値(緑線)ができました。

 

この直近高値(緑線)を抜いたことにより、ようやく上昇トレンドの開始です。

 

ちなみに押し安値は赤線です。

 

上昇トレンドの条件は高値を切り上げている、かつ、安値も切り上げている。

 

したがって、この押し安値を下回ってはいけません。

 

FX ダウ理論

その後、最終的な押し安値は赤線となり、この押し安値を下抜けたことにより上昇トレンドが崩壊しました。

(ちなみに、下降トレンドはこの逆で、押し安値を下抜けることにより上昇トレンドが崩壊。その時にできた直近安値を下抜けることにより下降トレンド開始。となります。)

 

ここまでが上昇トレンドとなります。

 

下降トレンドが崩壊し、上昇トレンドが継続している限りは上目線。

 

これが目線の固定となります。

 

しかし、ここまでは理解しているが、それでも勝てない、という方が多いのではないでしょうか。

 

実際、僕も初心者のころは、上昇トレンドの時はロングしかしていないし、下降トレンドの時はショートしかしていませんでした。

 

なのに、ロングをしたら高値掴み。

ショートをしたら安値掴み。

 

損切り設定をしたら、損切りに引っかかってから、予想していた方向に価格が伸びる。

損切りしなかったら、予想していない方向に価格が伸びる。

 

まさに、FXあるあるに悩まされた一人で、何度挫折しかけたかわかりません。

 

しかし、諦めずに検証を続けてきた結果、ようやく毎月安定して勝てるようになりました。

 

なぜ勝てるようになったのか。

それは

 

上目線の時は押し目買い。

下目線の時は戻り売り。

 

これを意識しただけです。

 

これだけを意識したことにより、勝率はあまりよくないですが、毎月安定してプラスをたたき出せるようになりました。

 

それでは、先ほどは上昇トレンドについて説明したので、下目線の戻り売りについて、実際のチャートを用いて説明します。

 

スポンサーリンク

戻り売りポイントを絞って利益幅を有利に

 

エントリーのタイミングを計るために、まずは長期足で目線を固定する必要があります。

 

月足、週足も重要ですが、僕が重視しているのは日足です。

 

月足、週足に関しては、ある程度勝てるようになってから、さらなるスキルアップのために見ることとして、まずは日足をメインに見るようしてください。

 

やることは、長期足でダウ理論により目線を固定して、中期足で戻りを狙い、短期足でタイミングをとる。

 

実際にチャートを用いて説明します。

 

長期足(日足)の環境認識

 

FX ダウ理論

白縦点線がエントリー部分になります。

 

まずは、環境認識から。

 

押し安値(黄線)を下抜けたことにより、上昇トレンドが崩壊。

 

そして、上昇トレンドが崩壊したことにより、直近安値(赤線)ができました。

 

この直近安値を下抜けたことにより、下降トレンドが発生したため、ダウ理論により下目線で固定になります。

 

戻り高値のネックラインまで戻りをつけ、なおかつMA100でも支えられています。

 

完全に下目線ですね。

 

中期足(4時間足)の環境認識

 

FX ダウ理論

中期足は、だれがどう見ても下降トレンドですね。

 

一応、いちから環境認識すると、押し安値(黄点線)を下抜けたことにより、上昇トレンドが崩壊。

 

そして、上昇トレンドが崩壊したことにより、直近安値(赤点線)ができました。

 

この直近安値を下抜けたことにより、下降トレンド開始。

 

エントリー前の戻り高値は緑点線になります。

 

エントリー前に、戻り高値ネックラインまで戻りをつけ、なおかつMA100でも支えられてます。

 

中期足も長期足同様、完全に下目線ですね。

 

短期足(1時間足以下)の環境認識

 

FX ダウ理論

それでは、最後に短期足でエントリーのタイミングを計ります。

 

今回は1時間足を見ています。

 

こちらも環境認識から。

 

押し安値(黄太線)を下抜けたことにより、上昇トレンドが崩壊。

 

そして、上昇トレンドが崩壊したことにより、直近安値(赤太線)ができました。

 

その後、押し安値まで戻り、綺麗なレジサポ転換が発生しヘッド&ショルダーが完成。

 

ここまで根拠がそろえばもう下がるしかないです。

 

あとは、エントリータイミングとして1時間足で下降トレンドが発生するポイントかつ、ヘッド&ショルダーのネックでもある、直近安値(赤太線)を抜けた時点でエントリー。

 

あとは綺麗に下がっていきましたね。

 

ちなみに損切りは1時間足押し安値のチョイ上、利確は4時間足の安値で設定していたので、リスクリワード1:2のトレードでした。

 

おさらいをすると、長期足(日足)で目線を固定します。

 

今回は下降トレンドだったので下目線です。

 

したがって中期足(4時間足)の戻り売り一択です。

 

中期足(4時間足)も下降トレンドで、戻り高値ネックまで戻り、なおかつMA100にも支えられましたので、あとは短期足(1時間足以下)でタイミングを計って完了です。

 

まとめ

 

まだ、FXで勝ててない方は、目線を固定し、押し目買い、戻り売りだけに絞って過去検証してみたらいかがでしょうか。

 

過去検証することにより、こういう時はエントリーしないほうがいいな、これは高確率で勝てるな、などわかってきますし、損切りポイント、利確ポイントの精度も上がってきます。

 

面倒な作業ですが、確実にスキルアップしますので、実際にエントリーするのではなく、まずは過去検証することをおすすめします。

参考記事FX過去検証における大切な8ステップ

 

参考になった方だけで構いませんので、応援いただけたらうれしいです。


デイトレードランキング

 

  • 当サイトは、情報提供のみを目的としており、投資や運用等の助言をおこなうものではありません。
  • 当サイトを利用した際のトラブルや損害について、当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
  • 投資にあたって最終判断、視聴者様ご自身の裁量(自己責任)でお願い致します。
  • また、リンク先での損害についても当サイトは一切責任を負いません。

 

スポンサーリンク


 

関連記事

お気軽に質問、コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください