インジゲーターだらけでぐっちゃぐちゃ

インジゲーター

 

初心者の頃にやってしまいがちなのが、インジゲーターの過度な表示。

 

MAタッチしたから押し目買い

ボリンジャーバンドの2シグマタッチで逆張り

MACDで買われすぎているから売りだ

などなど・・・

 

ちょっと負けると、パラーメターをいじくりまわし、このパラメーターならいける。

と思ったのつかの間、再度負けはじめパラメーターの再設定・・・

負の連鎖ですね。

 

一つの指針としてインジゲーターを活用するのであればありですが、やはり環境認識なしで、インジゲーターに頼っているだけならば、勝ち続けることはできません。

 

ボリンジャーバンドの2シグマタッチで逆張りだけで勝てるなら、FXで負け組は存在しません。

 

インジゲーターはあくまでも補助的な立ち位置ですので、今回の内容で理解していただければ幸いです。

 

スポンサーリンク

インジゲーター

 

インジゲーターは、大きく分けると、トレンド系とオシレーター系に分類されます。

 

トレンド系でメジャーなのが、移動平均線、ボリンジャーバンドでしょうね。

オシレーター系では、MACDやストキャスティクスなどでしょうか。

 

インジゲーターを組み合わせることで、強力な補助になることは間違いありませんし、実際に使いこなして勝っている人もいるでしょうが、マスターするにはかなり難易度が高いと思われます。

 

とりあえずは、インジゲーターを表示させてみましょう。

 

インジゲーターを表示

メジャーである移動平均線、ボリンジャーバンド、MACD、ストキャスティクス、RSIを表示させてみましょう。

ついでにレジサポも引きまくってみます。

 

インジゲーター

わけがわからないですね・・・

 

ただ、こういったチャートになっている人もいるのではないでしょうか?

僕も昔はこうでした。

 

それでは、インジゲーターメインで判断するとどうなるか見てみましょう。

 

インジゲーターメインでエントリー

 

インジゲーターメインでエントリー

黄色縦線を見てみましょう。

 

ぐちゃぐちゃでわかりづらいですが、ボリンジャーバンド3シグマで反発して陰線になっています。

移動平均線20も下抜け売り優勢です。

MACD、ストキャスティクスも下がり始めて、RSIに関しては買われすぎサインの後、下がっている状況です。

チャネルラインにも反応しているので、絶好の売り場ですね。

 

その後の状況を見てみましょう。

 

インジゲーターメインでエントリー

結局、横ばいが続き、トレンドラインに引っかかり上昇しました。

 

今回はパラメータが悪かっただけだ。

と思ってしまい、パラメーターをいじくりまわすのは、地獄の一丁目。

負の連鎖になるのでやめたほうがいいです。

 

移動平均線ひとつとっても、期間20が効く相場もあれば、期間21が効く相場もあります。

指数移動平均線が効く相場もあれば、単純移動平均線が効く相場もあります。

 

その都度、パラメーターをいじくりまわすのは難易度が高く、ナンセンスです。

 

となると、やはりパラメーター設定の必要がないラインで相場を攻略するのがシンプルです。

 

スポンサーリンク

ラインでシンプルに相場を攻略

それでは、ラインのみで環境認識していきましょう。

 

まずは、先ほど引きまくったライン、インジゲーターをすべて外します。

 

インジゲーターを外してシンプルに

だいぶすっきりしましたね。

 

それでは、主要なレジサポを引いていきます。

 

レジサポ、トレンドラインでシンプルに

まずは、直近高値(赤点線)。

そして、直近高値を抜けた起点に押し安値(黄点線)。

トレンドライン、チャネルライン(青点線)も引いときました。

ちなみに上位時間足は上昇トレンド中で戦略は上目線で固定です。

 

その後の状況を見てみましょう。

 

インジゲーターを外してシンプルにエントリー

直近高値、トレンドラインに反応して、上がっています。

目標としては、直近高値、または、チャネルライン付近あたりでしょうか。

 

その後

 

インジゲーターを外してシンプルにエントリー

高値(紫点線)、チャネルライン付近まで伸びました。

 

レジサポを引いて、環境認識さえ身につければ、シンプルに勝つことができますね。

 

まとめ

 

インジゲーターは組み合わせて補助的に使うのであれば、最強の武器になると思います。

しかし、インジゲーターメインで取引するのはかなり難しいということが分かったと思います。

 

僕は補助的に移動平均線を使っていますが、環境認識さえ身につければ、ラインだけでもシンプルに勝つことが可能です。

 

モニターを6個使用したり、インジゲーターを表示させまくったらプロっぽいですが、FXは複利で雪だるま方式に資産が増えていきますので、月100Pipsでも安定して獲得し続けることができるのであれば、れっきとしたプロです。

 

インジゲーターを相場に合わせていじくりまわしたり、組み合わせまくって頭がごちゃごちゃになるのは、正直しんどいです。

 

やはり、シンプルに環境認識をして稼ぎ続けるほうが労力が少なく疲れないので、専業トレーダーとして長年続けていくにはベストだと思います。

 

参考になった方だけで構いませんので、応援していただけるとうれしいです。


デイトレードランキング

 

  • 当サイトは、情報提供のみを目的としており、投資や運用等の助言をおこなうものではありません。
  • 当サイトを利用した際のトラブルや損害について、当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
  • 投資にあたって最終判断は、視聴者様ご自身の裁量(自己責任)でお願い致します。
  • 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について、当サイト及び管理人は一切の責任を負いません。

 

スポンサーリンク


Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.