FX強制ロスカットの計算方法を理解し無駄な損失を回避

 

設定した損切りラインに到達していないのになんで損切りになっているの?

 

そういった疑問を抱えたことのある方もいるでしょう。

 

考えられるのは、2Wayプライスによるスプレッドを考慮していないか、証拠金維持率の問題で強制的にロスカットされるケースです。

 

2Wayプライスに関しては以前の記事で作成しましたので、今回は証拠金維持率の問題による強制ロスカットについて説明していきます。

参考記事2WAYプライス(ASK,BID)を考慮し無駄な損失を回避

 

スポンサーリンク

強制ロスカットとは

 

強制ロスカットとは、予期せぬ相場の急変動が起こった際、トレーダーの資金を最低限守るシステムで、これ以上負けたら危険ですよ、という業者側の判断で自動的に損失を確定する仕組みになります。

 

急変動が起こらなくても、資金管理がずさんであれば、強制ロスカットになる可能性は十分考えられます。

 

それでは強制ロスカットになる条件を解説していきます。

 

強制ロスカットの計算方法、大切なのは証拠金維持率

 

強制ロスカットの計算方法を解説していきます。

 

意識しなければならないのが、証拠金維持率になります。

 

証拠金維持率とは?

 

証拠金維持率とは、抱えているポジションの必要証拠金に対する純資産の割合を指しています。

 

少しややこしいですが、証拠金維持率に注目して、100%を下回らないような資金管理が必要になります。

 

とりあえずは証拠金維持率の計算方法を解説します。

 

DMM.Com証券の証拠金維持率の計算方法

 

強制ロスカットの条件は業者によって異なりますので、今回はDMM.Com証券で、証拠金維持率の計算方法を解説していきます。

 

証拠金維持率は「純資産÷ ポジション必要証拠金×100」の計算式で算出されます。

 

この計算式ではじき出された証拠金維持率が50%を下回れば強制的にロスカットになり損失が確定します。

 

証拠金維持率が100%を下回った場合でも、翌営業日の4時59分までにポジション整理や追加で入金して100%を下回らないようにしなければ、マージンカットで強制的にロスカットになり損失が確定します。

 

スポンサーリンク

DMMFXでの取引で強制ロスカットになる条件

 

例えば、純資産が100万円で、ドル円が1ドル100円で必要証拠金が40,000円だったとします。

 

ドル円が1ドル100円の時に20万通貨でロングし、96円を損切りライン、110円を利確ラインで設定したとします。

 

買いをいれた後、価格が反転し97円まで下降したとします。

 

この場合「40万円(純資産=100万円-60万円(負債))÷77.6万円(ポジション証拠金)×100」の計算式に当てはめると証拠金維持率は51.5%になります。

 

翌営業日の4時59分までに、このままポジション整理や追金をせずに証拠金維持率が100%を下回ったままであれば、強制的にロスカットになります。

 

その前に、あと数十Pipsでも下降してしまえば、証拠金維持率は確実に50%を下回るので、損切りラインの96円まで到達しなくても、強制的にロスカットになり損失が確定されます。

 

96.5円から反転し、目標の110円まで上昇したとしても、強制ロスカットにより利益を得ることはできません。

 

したがって、証拠金維持率を意識しなければ、強制的に損失を確定させられますので、本来であれば勝ちトレードも資金管理ができていないと負けトレードになってしまいます。

 

強制ロスカットを避けるため、資金管理を徹底

 

 

上記で挙げた例は、100万円の資産に対して、20万通貨の400Pips負けまでを許容しているので、損失額が資金の80%になっているので、資金管理はぐずぐずです。

 

当ブログでは、損失額は資金の1%で収まるようにするのを推奨しています。

参考記事損切り幅が広くても関係ないが、損失額を固定しなければ破産確率が上がってしまう

 

資金管理さえ徹底していれば証拠金維持率による強制ロスカットのリスクは軽減されるため、いちいち計算式に当てはめて計算する必要もありません。

 

どうしても心配な方は、DMM.Com証券では証拠金シュミレーションで証拠金維持率がすぐにはじき出されるので、エントリー前に確認してください。

DMM証拠金シュミレーション

 

まとめ

 

なんで損切りラインに到達していないのに損失が確定されているんだ?

 

という疑問を抱いた方もいると思います。

 

一つは2Wayプライスによるスプレッドを考慮していない、そして、もう一つが証拠金維持率による強制ロスカットです。

 

証拠金維持率による強制ロスカットは資金管理さえ徹底してれば、特に気にする必要はないでしょう。

 

それでも気になる方は、DMMFXであれば、証拠金シュミレーションでエントリー前に証拠金維持率をはじきだすことが可能です。

⇒DMM.comの口座開設手順

 

ランキングにある自分の紹介文に、今日の監視通貨を記載しております。

興味がある方は下記バナーからご確認ください。


デイトレードランキング

 

  • 当サイトは、情報提供のみを目的としており、投資や運用等の助言をおこなうものではありません。
  • 当サイトを利用した際のトラブルや損害について、当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
  • 投資にあたって最終判断は、視聴者様ご自身の裁量(自己責任)でお願い致します。
  • 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について、当サイト及び管理人は一切の責任を負いません。

 

スポンサーリンク


Tags:
 

関連記事

お気軽に質問、コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください