【FX,チャートパターン7】ハーモニックパターン

ハーモニックパターン

 

今回は、チャートパターン第7弾。

 

どのチャートパターンも環境を認識したうえで使用しないと勝ち続けることは難しいですが、優位性のあるエントリーポイントになりますので、実戦で活かせるように覚えていきましょう。

 

スポンサーリンク

チャートパターンを理解すれば、エントリーポイントが絞れる

 

トレンド継続やトレンド転換時に発生するチャートパターン。

 

チャートパターンを覚えておくことにより、より有利にトレードをすることが可能になります。

 

今回は、チャートパターン7回目として、ハーモニックパターンについて説明します。

 

反転率90%超えの凄まじいチャートパタンになりますので、ぜひ覚えておきましょう。

 

ハーモニックパターンは反発のサイン

 

ハーモニックパターンとは、フィボナッチを活用したチャートパターンになります。

 

XABCDの波を築き、Dのポイントからの反発を狙う手法になります。

 

例のごとく、模式図を使って説明します。

ハーモニックパターン

XABCDの波が完成しました。

 

このDの価格からの反転を狙います。

 

厳密にいえば、AB波に対するCの戻り位置や、BC波に対するDの戻り位置も大切なのですが、自分はあまり気にしていません。

 

基本的な形として

 

BはXを超えてはいけない

CはAを超えてはいけない

※パターンによっては、CがAを超えてもいい

 

そして、XA波に対しての戻り位置Dによって、パターンが異なります。

 

ガートレイ、バット、バタフライ、クラブ等のパターンが一般的ですが、シャークやネンスターなどのマニアックなハーモニックパターンも数多く存在します。

 

自分は、順張りを意識しているので、ガートレイ、バットのみを活用しております。

 

したがって、ガートレイ、バットについて説明します。

 

ガートレイパターンは78.6%がサイン

基本的は形は、ハーモニックパターンで説明した通りですが、XA波に対して、78.6%の戻りDをつけます。

 

模式図を用いて説明します。

ハーモニック、ガートレイ

XAの波に対して78.6%戻りをつけています。

 

これがガートレイパターンになります。

 

バットパターンは88.6%がサイン

こちらも基本的は形は、ハーモニックパターンで説明した通りですが、XA波に対して、88.6%の戻りDをつけます。

 

模式図を用いて説明します。

ハーモニックパターン、バット

XAの波に対して88.6%戻りをつけています。

 

これがバットパターンになります。

 

模式図では反転上昇を狙う形で説明しましたが、反転下降を狙う場合は、チャートパターンをひっくり返せばいいだけです。

 

実際のチャートで反転下降を狙うバットパターンについて説明します。

 

スポンサーリンク

バットパターン実例

 

それでは、実際のチャートで説明していきます。

 

ハーモニックパターンはどこ?

どこにバットパターンがあるでしょうか?

 

マーキングしてみましょう。

 

ハーモニックパターン発見

マーキングしたらわかりやすいですね。

 

最初は見つけるのに苦労するかもしれませんが、慣れれば簡単に見つけることができます。

 

次にフィボナッチをあててみましょう。

 

ハーモニックパターン、バットパターン完成

フィボナッチ88.6%(赤丸部)できれいに反応しているのがわかりますね。

 

ちなみにハーモニックパターンが完成したら、ADに対して161.8%伸びるといわれています。

 

ADにフィボナッチをあててみましょう。

 

ハーモニックパターンの利確目標

161.8%(赤丸部)まできれいに価格が伸びていますね、

 

自分は161.8%までは狙いませんが、これを見ただけでも、ハーモニックパターンの凄まじさを感じることができますね。

 

環境認識的にも押し安値を下抜けているため下目線です。

 

また、戻り高値がレジスタンスとして効いており、長い上髭が出現しているので、ショートしても問題なさそうですね。

 

ちなみに、ハーモニックの専門家からみたら、これはバットパターンではない、という意見もあると思いますが、自分はXA波に対する戻り位置Dが88.6%であれば、バットパターンとして認識おり、特に問題なく機能しております。

 

まとめ

 

チャートパターン第7弾はハーモニックパターンについてでした。

 

反転率90%越えの凄まじいチャートパターンになります。

 

しかし、ハーモニックパターンが完成したからといって、むやみやたらにエントリーしていたら、確実に負けこします。

 

環境認識を考慮したうえでの反転率90%超えになりますので、くれぐれもハーモニックパターンが完成したからといって、即反発狙いのエントリーだけは控えてください。

 

ハーモニックパターンを学び、ハーモニックパターンだけで負けトレーダーから勝ちトレーダーになった方もおられます。

 

したがって、ガートレイや、バタフライなど、ハーモニックパターンを極めたいのであれば、「フィボナッチ逆張り売買手法」を読んで勉強するのもありだと思います。

 

 

関連記事絶対に覚えておくべきFXチャートパターン集

 

参考になった方だけで構いませんので、応援していただけるとうれしいです。


デイトレードランキング

 

  • 当サイトは、情報提供のみを目的としており、投資や運用等の助言をおこなうものではありません。
  • 当サイトを利用した際のトラブルや損害について、当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
  • 投資にあたって最終判断は、視聴者様ご自身の裁量(自己責任)でお願い致します。
  • 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について、当サイト及び管理人は一切の責任を負いません。

 

スポンサーリンク


 

関連記事

お気軽に質問、コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください