フィボナッチで頭と尻尾が明確に!?

頭と尻尾はくれてやれ

 

頭と尻尾はくれてやれ。

相場の世界に足を踏み入れたのであれば、一度は聞いたことがある格言ですね。

 

しかし、魚の頭と尻尾は明確にわかりますが、チャートに置き換えると、どこが頭でどこが尻尾?

という疑問がわいてくると思いますので、詳しく解説していきます。

 

スポンサーリンク

頭と尻尾はくれてやれ

 

無理して魚の頭と尻尾を食べず、おいしい中身をいただきましょう。

これをFXに置き換えると、天井圏と底値圏は捨てて、その中の価格帯を狙いましょう、ということです。

 

もちろん、頭と尻尾がうまいんだよ、という通の方もおられるでしょうが、それは勝てるようになってからでも遅くはありませんので、まずは価格がきれいに動く中身をおいしくいただきましょう。

 

なぜ天井圏と底値圏は捨てるのか

天井圏や、底値圏は、波の転換点になります。

天井圏を抜けてトレンドが継続するのか、はたまた天井圏から跳ね返されてトレンドが転換するのか。

これが不明確な状況でのエントリーよりは、目線が確立されてからエントリーするほうが、はるかにリスクが低くなります。

 

天底をとれたほうが、利益は大きくなりますが、それよりも余計な負けを減らすほうが大切です。

 

それでは、天井圏、底値圏について、チャートを用いて解説していきます。

 

天井圏、底値圏を確認

実際のチャートを用いて天井圏、底値圏を確認してみましょう。

 

高値圏と安値圏

高値(緑線)と安値(黄線)については、明確に引くことができますね。

しかし、天井圏、底値圏とはいったいどの価格帯までをさすのかが不明確です。

 

ざっくり高値付近と安値付近では取引しない、という考え方だと少し物足りない感じです。

視覚的に天井圏と底値圏を明確にするにはどうしたらいいのか。

 

それは、フィボナッチを用いることで明確にすることができます。

 

スポンサーリンク

フィボナッチで天井圏、底値圏を明確に

天井圏と底値圏をフィボナッチを用いて明確にしていきましょう。

 

高値圏と安値圏をフィボナッチで明確に

高値から安値に向かってフィボナッチを当ててみました。

 

何となく見えてきましたね。

フィボナッチの0%から23.6%までが底値圏、76.4%から100%が高値圏になります。

高値圏と底値圏が明確に視覚化されましたね。

 

0%から23.6%の底値圏と、76.4%から100%の天井圏を見てみると、方向感がなく取引するのに適していないのが理解できますね。

 

そして、その中間の23.6%から76.4%は比較的綺麗に価格が推移しているのもわかります。

この23.6%から76.4%だけを狙ってトレードすることで、負け率を大幅に減らすことが可能になります。

 

まとめ

 

天井圏、底値圏は、フィボナッチを用いることで、明確にすることができます。

 

天井圏、底値圏では方向感がなく、エントリーに適さないので、静観して、その中身の23.6%から76.4%を狙ってトレードするようにしましょう。

 

これが、頭と尻尾は捨てて、中身だけをおいしくいただきましょう。

ということになります。

 

参考になった方だけで構いませんので、応援していただけるとうれしいです。


デイトレードランキング

 

  • 当サイトは、情報提供のみを目的としており、投資や運用等の助言をおこなうものではありません。
  • 当サイトを利用した際のトラブルや損害について、当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
  • 投資にあたって最終判断は、視聴者様ご自身の裁量(自己責任)でお願い致します。
  • 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について、当サイト及び管理人は一切の責任を負いません。

 

スポンサーリンク


Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.