手法だけでFXは勝てない・・・大切なのは相場観を養うこと

 

FXでどうしても陥りがちなのが、勝てる手法を身につけたいと思ってしまうこと。

 

確かに、手法は自分のルールを確立させるためには必要ですが、手法だけで勝てるほど相場の世界は甘くはありません。

 

今は上目線なのか、下目線なのか?

価格はどの位置にいるのか?

エントリー方向に強力なレジサポはないのか?

 

こういった、相場観が養われていないにも関わらず、手法だけで取引していると痛い目に合います。

 

スポンサーリンク

FXにおける手法とは

 

FXにおける手法とは、取引ルール(エントリー、イグジット)を確立し、この取引ルールを徹底して守ることだと思います。

 

ネットに転がっている情報だけでも、数えきれないほどの手法が存在します。

 

前日高値、安値ブレイクでエントリーするブレイク手法。

オシレーター系インジゲーターでダイバージェンスが発生したときに逆張りでエントリーする手法。

ボリンジャーバンドで2シグマタッチでエントリーする手法。

MAタッチで押し目買い、戻り売りする手法。

 

など、有名な手法はたくさんありますが、残念ながらこれだけで勝つことは無理です。

 

なぜ手法だけで勝てないのか

 

相場はランダムウォークで価格が推移しているため、過去に描かれたチャートは、未来で全く同じチャートを描くことはありません。

 

全く同じ動きになることはない相場の世界で、手法だけで勝つというのは難しい話というのが理解できると思います。

 

もっと簡単な話をすると、手法だけで勝てるなら、みな億万長者だからです。

 

FXは8割~9割は勝てていないという現実を見る限り、手法だけで勝てるようになるのは、不可能ということが容易に想像できるはずです。

 

そもそも、ネットに載っている手法だけで、勝ち続けている人を聞いたことがあるでしょうか。

 

ネットは嘘を平気でつくことはできるので、聞いたことはあるかもしれませんが、実際に身近で手法だけで勝っている人はいないでしょう。

 

とはいえ、手法がなければ安定して勝つこともできません。

 

相場観を身につけてはじめて、手法というものが活きてきます。

 

スポンサーリンク

手法を活かすのは環境認識

 

手法を最大限に活かすためには、環境認識が必要になります。

 

上昇トレンドの最中に、前日安値ブレイク手法でショートし続けても勝つことはできません。

 

上昇トレンド中で、前日高値ブレイク手法でロングしたとしても、上位時間軸のレジスタンスラインがすぐ上に控えているようであれば、勝てる確率はぐっと下がります。

 

この様に、ダウ理論や、上位時間軸との関係性、レジサポの見極めができなければ、手法は活かせません。

 

環境認識を身につけ、相場観が養われると、この場面でこの手法は勝つ可能性は低いな。

この場面では、この手法は勝つ可能性が高いな、という自分の手法がどんどんと強固なものになり、勝った負けたを繰り返して、トータルでプラス収支を残せるようになります。

 

自分の手法を強固なものにするためには過去検証しかありません。

FX過去検証における大切な8ステップ

 

過去検証で何百枚、何千枚ものチャートを見て、手法が効く相場は上位時間軸はどういう相場で、レジサポに対して今の価格はどうであったか、執行時間軸のトレンドはどうであったか、など徹底的に頭に叩き込みます。

 

これくらいの苦労をしてはじめて、手法というものが活かされてきます。

 

楽して稼ぎたいと思って入った相場の世界は甘いものではありませんでした。

 

しかし、この面倒で地味な作業をこなし続けることで、FXで勝てることができるようになります。

 

そして、一度稼げるようになれば、だいぶ楽に稼ぎ続けることが可能になります。

 

まとめ

 

手法だけでは勝つことはできず、手法を最大限に活かすために、環境認識が必要になります。

 

よく、情報商材の内容を見ていると、簡単に勝てそうと錯覚させるほどの、ライティングテクニックがあります。

 

その中でも人気なのはやはり、手法系の商材です。

 

答えは簡単で、みな苦労せずに、簡単に勝てるエントリーポイントを見出したいから。

 

ただ、今回の記事を見ている人は、手法だけで簡単に勝てるなんてありえないと理解してくれているはずです。

 

自分が情報商材をおすすめしないのは、8割強は、FXは簡単に勝てると錯覚させて、お金を奪っていることが気に入らないからです。

 

サインツールに従っただけで誰でも同じように勝てるという商材は以ての外。

 

サインツールも環境認識ありきで売買しないと勝ち続けるのは不可能です。

 

FXで勝つまでの道のりは甘いものではありません。

 

1ヵ月で勝てるようになったという話も聞きますが、本当に稀な話です。

 

5年勉強してようやく勝てるようになった、という話のほうが一般的ですので、専業トレーダーになりたいと願うのであれば、努力を怠らずに勉強し続けるしかありません。

 

情報商材に何十万円、何百万円も払うくらいなら、実際に取引をして負けるほうが、経験値が上がり、成長につながります。

 

負けることによって、絶対に勝てるようになりたい、という気持ちも強くなると思いますので、情報商材にお金を払おうと考えている人は、実弾トレードで勝ち負けの経験を積んで、相場観を養ったほうがいいでしょう。

 

OANDA JAPANであれば、1,000通貨で取引できますので、負けても、1回あたり数百円程度の負けで済みます。

⇒OANDA_Japanの口座開設手順

 

ランキングにある自分の紹介文に、今日の監視通貨を記載しております。

興味がある方は下記バナーからご確認ください。


デイトレードランキング

 

  • 当サイトは、情報提供のみを目的としており、投資や運用等の助言をおこなうものではありません。
  • 当サイトを利用した際のトラブルや損害について、当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
  • 投資にあたって最終判断は、視聴者様ご自身の裁量(自己責任)でお願い致します。
  • 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について、当サイト及び管理人は一切の責任を負いません。

 

スポンサーリンク


 

関連記事

お気軽に質問、コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください