マルチタイムフレーム分析を理解すればFXで勝つのは簡単

 

FXでなかなか勝てない人は、どうしてもシングルタイムフレーム分析になってしまう傾向があるのではないでしょうか。

 

最初は日足、4時間足を一応気にしてはいますが、だんだん1時間足、30分足メインになり、気が付けば15分足以下メインでレジサポを引ひいて取引してしまい、負けがこんでしまう・・・

 

木を見て森を見ず状態になってしまうんですね。

 

マルチタイムフレーム分析をすると何が何だか・・・

ってなってしまうと思いますが、簡単なので、この際にぜひ覚えておきましょう。

 

スポンサーリンク

マルチタイムフレーム分析

 

マルチタイムフレーム分析とは、長期足、中期足、短期足を複合的に分析し、総合的にトレード判断を行うチャート分析になります。

 

苦手意識のある人が多いと思われるのが、このマルチタイムフレーム分析。

 

自分も最初は何がなんやらで、週足が上目線で、日足が下目線で、4時間が上目線で、1時間が下目線で・・・

結局どの目線に統一すればいいのよ。

 

と1人もがいておりました。

 

もちろん、全時間足の目線が統一されているのが一番ですが、そんな状況は滅多にありませんよね。

 

まずは自分の軸を決めることが大切になります。

 

一貫性を持たせるために軸を決める

 

まずは、長期足、中期足、短期足の軸を決めましょう。

 

長期足 ⇒日足 Or 週足

中期足 ⇒4時間

短期足 ⇒1時間 Or 15分足

 

がバランスがいいと思います。

 

軸を決めたらいよいよ、マルチタイムフレーム分析にはいります。

 

マルチタイムフレーム分析を徹底解説

 

まずは、長期足から分析するようにしましょう。

 

よく短期足でチャート分析をしてから、長期足を分析する人がいますが、それでは意味がありません。

 

それは短期足より長期足のほうが重要だからです。

 

相場は、長期足の流れに沿って、短期足が動いています。

 

理由は簡単で長期足を見ているトレーダーが多いからです。

 

だから、短期足のトレンドやレジサポよりも、長期足のトレンドやレジサポのほうが優位性があるのです。

 

したがって、まずは長期足で戦略をたてます。

 

長期足から戦略を

長期足でトレンド、レジサポを確認し目線を固定する必要があります。

 

目線を固定するためには、ダウ理論をマスターする必要があります。

 

ダウ理論に自信がない方は、こちらをお読みください。

FXで勝ち続けるには目線を固定することが大切

 

中期足で作戦を

長期足で戦略をたてたら、次は中期足で作戦を立てます。

 

ここで大切なのは長期足の目線に逆らわないこと。

 

長期足が上目線であれば、中期足も上目線で作戦をたてます。

 

作戦をたてたら狙いのレジサポにくるまでずっと待機です。

 

短期足で執行を

長期足で戦略を練って、中期足で作戦が決まれば、あとは短期足でタイミングをとって執行(エントリー)するだけです。

 

マルチタイムフレーム分析で大切なのはこれだけです。

 

長期足で戦略をたてて、中期足でその戦略に逆らわないように作戦をたてる。

 

あとは短期足でタイミングを計ってエントリー。

 

非常にシンプルです。

 

でも実際チャートを見たら何が何だか・・・

となると思いますので、実際のチャートで説明します。

 

スポンサーリンク

実際のチャートを用いたマルチタイムフレーム分析で分かりやすく解説

 

まずは、長期足で戦略をたてます。

 

それでは長期足を見てみましょう。

 

長期足の環境認識を把握し戦略をたてる

オレンジ縦線のロウソク足がエントリーポイントになります。

 

それでは戦略をたてていきましょう。

 

マルチタイムフレーム分析、日足の環境認識

押し安値(黄色点線)を下抜けたことにより、上昇トレンドが崩壊しました。

 

戻り高値(緑点線)を上抜けようとしましたが、長い上髭で2回も支えられています。

 

この時点で下降トレンドではありませんが、上昇トレンドの崩壊。

 

戻り高値2回トライも長い上髭で跳ね返されているので、下目線で固定することにしました。

 

これで長期足の戦略がたちました。

 

次に中期足を見ていきましょう。

 

中期足の環境認識を把握し作戦をたてる

長期足で戦略をたてましたので、次に中期足で作戦をたてます。

 

マルチタイムフレーム分析、4時間足の環境認識

方向感はありませんが、押し安値(黄線)を下抜けました。

 

押し安値でのレジサポ転換、かつヘッド&ショルダーも完成しそうな状況です。

参考記事レジサポ転換を意識してFXをより優位に

 

日足も下目線ですので、作戦としては、ヘッド&ショルダー右肩からのショート狙いです。

 

これで中期足の作戦がたちました。

 

短期足の環境認識を把握し、エントリーする

長期足で戦略、中期足で作戦が完了したので、あとは短期足でエントリ―タイミングを計るだけです。

 

正直、長期足、中期足で作戦をたてた結果、下がるしかない局面なのでタイミングはたくさんあります。

 

マルチタイムフレーム分析、短期足でタイミング

①切り上げライン(水色斜線)によるレジサポ転換を利用した戻り売り

②ヘッド&ショルダーネック(白線)ブレイク

③下降トレンド発生後の切り上げライン(白斜線)によるレジサポ転換を利用した戻り売り

④ダブルトップネック(赤線)ブレイク

⑤ダブルトップネック(赤線)で再度ダブルトップができたので切り上げライン(紫斜線)ブレイク

⑥ダブルトップネック(青線)ブレイク

 

などなど、タイミングはたくさんあります。

 

まとめ

 

マルチタイムフレーム分析を行い、環境さえしっかり認識できれば、タイミングなんて多少ずれても勝てる。ということが理解できたと思います。

 

マルチタイムフレーム分析は難しい。という方が多いと思いますが、シングルタイムフレーム分析だけで勝ち続けるほうが難しいと思いますので、チャートを見まくって、マルチタイムフレーム分析をマスターしましょう。

 

参考になった方だけで構いませんので、応援していただけるとうれしいです。


デイトレードランキング

 

  • 当サイトは、情報提供のみを目的としており、投資や運用等の助言をおこなうものではありません。
  • 当サイトを利用した際のトラブルや損害について、当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
  • 投資にあたって最終判断は、視聴者様ご自身の裁量(自己責任)でお願い致します。
  • 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について、当サイト及び管理人は一切の責任を負いません。

 

【一番売れてる投資の雑誌ザイが作った「FX」入門】は初歩的なロウソク足の説明から、テクニカル分析まで解説されています。

また、経済指標発表時のトレードあり方についても、事細かに載っております。

 

FXで失敗した人、成功した人が多数紹介されており、その人たちの成功例などが聞けるのも面白いですね。

トレードに対する考え方が養えるのも魅力ですので、3ヵ月以上FXをしているが勝てない、という方が読んでも勉強になるでしょう。

スポンサーリンク


Tags:
 

関連記事

お気軽に質問、コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください