【FX,チャートパターン2】ヘッド&ショルダー

 

前回のダブルトップ、ダブルボトムに続き、チャートパターンについての記事になります。

 

どのチャートパターンも環境を認識したうえで使用しないと勝ち続けることは難しいですが、優位性のあるエントリーポイントになりますので、実戦で活かせるように覚えていきましょう。

 

スポンサーリンク

チャートパターンを理解し、エントリーポイントの絞り込み

 

トレンド継続やトレンド転換時に発生するチャートパターン。

 

チャートパターンを覚えておくことにより、より有利にトレードをすることが可能になります。

 

今回は、チャートパターン2回目として、ヘッド&ショルダー、逆ヘッド&ショルダーについて説明します。

 

ヘッド&ショルダー(逆ヘッド&ショルダー)は反転のサイン

 

ヘッド&ショルダー(逆ヘッド&ショルダー)とは、高値(安値)更新後、再度高値(安値)をトライに行くが、高値に届かず、逆行してしまうことをいいます。

 

説明だけではわからないと思うので、模式図を使って説明します。

ヘッド&ショルダー

まずはオレンジ線の高値を更新しました。

 

その後、押しが入り新高値(赤線)をトライしに行きましたが、直近高値(オレンジ線)付近で止められ、価格が逆行しました。

 

その後、ネックライン(緑線)を抜いたことにより、ヘッド&ショルダーの完成となります。

 

青〇を見ていただくとわかると思いますが、ヘッド&ショルダーとは、その名の通り、頭と肩みたいな形になります。

 

その後、ネックラインまで戻りましたが、ここが一番安全な売り場ポイントになります。

 

それはなぜか、市場参加者の心理と合わせて説明します。

 

市場参加者の心理を把握し、タジタジ病にならずに強気にエントリー

 

ここからは市場参加者の心理と合わせて考えてみましょう。

 

模式図を使って簡単に説明します。

上昇トレンド

上目線の人は①で押し目買い狙いや、②でブレイクアウト狙いで買いをいれます。

 

高値(オレンジ線)を抜けたことにより、上昇トレンド継続なので買い優勢です。

 

その後

押し目買い

押し安値(青線)まで戻ってきました。

 

買い優勢なので、上目線の人にとって絶好の買いポイントになります。

 

その後

ヘッド&ショルダー

まだ押し安値を切っていないので、買い優勢ですが、高値更新できずに下がったため、①,②で買いをいれていた人はあれ?と思い決済する人もいます。

 

また、ヘッド&ショルダーの完成を見据えている人は④で早めに売りを仕掛けてくるでしょう。

 

しかし、まだ上目線であるため、⑤で押し目買いをする人もいます。

 

その後

ヘッド&ショルダー完成

押し安値かつネックラインを下抜けたことにより、ヘッド&ショルダーの完成です。

 

⑥ではネックライブレクを狙って売りを仕掛けてくる人もいるでしょう。

 

また、①、②、③、⑤の損切りも加わり、一気に価格が下落し、買い優勢が崩れました。

 

その後

ヘッド&ショルダーネックでのレジサポ転換狙い

⑦のポイントでは売りをいれていた人たちの利確であったり、まだ買い増しする人もいるので、価格が上昇しました。

 

その後

ヘッド&ショルダーネックでのレジサポ転換成功

⑧のポイントは絶好の戻り売りポイントになります。

 

それは、①で買いをいれていたい人が、建値まで戻ってきた!ラッキー!って感じで建値決済します。

 

②で買いをいれていた人も、ヘッド&ショルダーのネックからさらに下がるのを怖がり損切りをいれます。

 

それを見越して、⑧のポイントで売りを仕掛けてくる人がいるので、価格が一気に下降します。

 

したがって、⑧のポイントが一番安全な売りのポイントになるのです。

 

このように、市場参加者の心理で作り上げられたものがチャートパターンになりますので、ヘッド&ショルダー(逆ヘッド&ショルダー)もダブルトップ同様、優位性があるんですね。

 

模式図を使ってヘッド&ショルダーの説明をしたので、次は、実際のチャートを用いて逆ヘッド&ショルダーの説明をします。

 

スポンサーリンク

逆ヘッド&ショルダー実例

 

それでは、実際のチャートを用いて説明していきます。

 

下降トレンド

安値(オレンジ線)を抜けたことにより、下降トレンド継続です。

 

その後

 

戻り売り

戻り高値(青線)まで戻ってきたので、戻り売りの候補になりますね。

 

ここで、上目線の戻り高値ブレイクが勝つのか、下目線の戻り売りが勝つのか。

 

その後

 

逆ヘッド&ショルダー

セオリー通り、売り優勢なので戻り高値ブレイクは失敗に終わりました。

 

これで、安値(赤線)トライにいきます。

 

その後

 

逆ヘッド&ショルダー

売り優勢ですが、安値更新どころか直近安値付近で止められ価格が上昇しました。

 

ここで売りをいれていた人に不安が出てきます。

 

再度、戻り高値トライになりました。

 

その後

 

逆ヘッド&ショルダー完成

今度は戻り高値をブレイクしました。

 

これで逆ヘッド&ショルダーの完成になりますので、売り優勢が崩れました。

 

その後

 

逆ヘッド&ショルダーネックでのレジサポ転換成功

戻り高値、かつ逆ヘッド&ショルダーのネック部分でレジサポ転換が発生し、価格が一気に上昇しました。

 

模式図で説明した通り、集団心理がチャートパターンとなって表れていますね。

 

エントリーポイントとしては、

 

  • 直近安値付近で出現した、駒足包み足のポイント
  • 逆ヘッド&ショルダーのネックラインブレイク
  • 逆ヘッド&ショルダーネックラインでレジサポ転換ポイント

 

となります。

 

まとめ

ダブルトップ、ダブルボトムの時もいいましたが、チャートパターンがでたからといって、むやみにエントリーしまくっていると、勝ち続けるのは難しいです。

 

環境認識をしっかりしないと、騙しにあいまくり、資産はどんどん減っていくことになるでしょう。

 

したがって、きっちり過去検証して、ヘッド&ショルダー、逆ヘッド&ショルダーが使えるポイントを極めましょう。

関連記事絶対に覚えておくべきFXチャートパターン集

 

参考になった方だけで構いませんので、応援していただけるとうれしいです。


デイトレードランキング

 

  • 当サイトは、情報提供のみを目的としており、投資や運用等の助言をおこなうものではありません。
  • 当サイトを利用した際のトラブルや損害について、当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
  • 投資にあたって最終判断は、視聴者様ご自身の裁量(自己責任)でお願い致します。
  • 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について、当サイト及び管理人は一切の責任を負いません。

 

スポンサーリンク


 

関連記事

お気軽に質問、コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください