米・雇用統計予想を下回る【4月6日(金)】価格推移まとめ

 

クドロー委員長の発言で、米中貿易問題の懸念が緩和したことにより、リスク選考の動きとなりましたが、トランプ米大統領が、中国製品に対して1,000億ドルの追加関税を検討したことにより、さらなる貿易摩擦の激化が懸念され、リスク回避の動きとなりました。

 

さらに雇用統計の結果も予想を下回り、円高に拍車がかかったようです。

 

それでは、4月6日(金)の価格推移まとめです。

 

スポンサーリンク

AUDUSD

 

汚いチャートですね。

入れるポイントもなく、見送りです。

 

AUDJPY

 

他通貨の動きを見るに、雇用統計で日足戻り高値(緑点線)を一気に上抜けることを期待しておりましたが、貿易摩擦の激化懸念で、全体的にドル高方向に価格が推移していたため、ブレイクならずでヘッド&ショルダーが完成しました。

 

EURUSD

 

日足は横ばいながらも上昇トレンドですので上目線です。

 

そんな中、ダブルボトムブレイクネックラインでレジサポ転換していますので、ロングがきれいだったかもしれません。

 

EURJPY

 

レンジブレイクで上昇しましたが、だましに終わりました。

 

上昇トレンド中だし、パーフェクトオーダーなのでレンジブレイクアウト狙いもありだと思いますが、日足はまだ下降トレンド中でしたので、ロングで入るには少し怖い場面でした。

 

GBPUSD

 

ダブルボトムネック抜けから一気に上昇しました。

4時間足戻り高値(緑線)を上抜くことができれば、上目線で攻めていけそうです。

 

GBPJPY

 

勢いよく上昇しましたが、エントリータイミングが難しかったです。

 

スポンサーリンク

NZDUSD

 

入るポイントはなさそうだったので見送りです。

 

NZDJPY

 

前日同様、1日中押し目の動きで横ばいが続きましたので、エントリーポイントはなさそうです。

 

USDCAD

 

前日の予想通り、切り上げライン抜けからの、切り上げラインレジサポ転換狙いがきれいだったと思いますが、大陽線で一気に戻されてしまいました。

 

CADJPY

 

横ばいの動きでエントリーポイントはなさそうです。

 

USDCHF

 

ダブルトップネックライン抜けで下降しましたが、上位足が上昇トレンド中ですし、短期足もきれいな上昇トレンドでパーフェクトオーダーになっていますので、ショートは難しかったと思います。

 

USDJPY

 

前日までは雇用統計で直近高値(赤線)ブレイク狙いと思っていましたが、トランプ米大統領の関税発言で、ドル高方向に動いき、指標結果も様相を下回ったためブレイクせずでした。

 

まとめ

 

雇用統計前にトランプ米大統領の中国製品に対する追加関税の検討を指示したことにより、ドル高方向に価格が推移。

 

雇用統計の結果も予想を下回ったことにより、円高が進みましたので、難しい相場状況となり、エントリーは見送り。

 

来週以降の動意に注目して作戦を練りなおします。

 

参考になった方だけで構いませんので、応援していただけるとうれしいです。


デイトレードランキング

 

  • 当サイトは、情報提供のみを目的としており、投資や運用等の助言をおこなうものではありません。
  • 当サイトを利用した際のトラブルや損害について、当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
  • 投資にあたって最終判断は、視聴者様ご自身の裁量(自己責任)でお願い致します。
  • 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について、当サイト及び管理人は一切の責任を負いません。

 

スポンサーリンク


Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.