英中銀政策金利は据え置きでポンド下落【5月10日(木)】価格推移まとめ

 

英中銀政策金利は据え置きになり、インフレ率の低下が予想以上に早くポンドが下落しました。

ショートで狙っていましたが、指標で大きく下げられてたので手が出せませんでした。

 

しかし、他の通貨では、プルバックの動きになり、だんだんやりやすそうな通貨が増えてきました。

 

それでは、5月10日(木)の価格推移まとめです。

 

スポンサーリンク

AUDUSD

 

いい感じにプルバックが入ってきたので、ショート準備に入ります。

このまま上抜けていったら見送りです。

 

AUDJPY

 

4時間足の波が汚いため難しいですが、一応は戻り売り候補まで来ているので、パターン次第ではショートを狙っていきます。

 

EURUSD

 

小さく見た場合の4時間足戻り高値(緑線)で反応しているようです。

このまま下げのパターンが見られれば、他通貨の兼ね合いを見て、慎重にショートを狙っていきます。

 

EURJPY

 

4時間足の戻り高値(緑線)でダブルトップが完成するかが焦点に。

きれいにコマ足も作っているので明らかに意識はされていますがどうなるかです。

 

GBPUSD

 

4時間足の波が汚かったのですが、大きく見た場合の直近安値でダブルトップが完成。

ダブルトップ、英中銀政策金利を見据えて、コマ足安値ブレイクがきれいだったと思います。

 

GBPJPY

 

4時間足直近安値でダブルトップが完成。

こちらも、ダブルトップ、英中銀政策金利を見据えて、コマ足安値ブレイクがきれいだったと思います。

 

ちなみに友達はダブルトップ右肩のヒゲ先からのショートという神がかったエントリーをしており、指をくわえてみていた自分にとって羨ましい限りでした。

 

スポンサーリンク

NZDUSD

 

せめて、戻り高値ネックライン(赤線)付近まで戻ってくれれば自分にとって絶好の戻り売りのポイントになるので、このまま下がらずに、そこまでは戻ってほしいです。

 

NZDJPY

 

中途半端な形から下落しており、そのままもみ合いの状態になりました。

 

USDCAD

 

大きなレンジを上抜け、日足戻り高値(緑点線)も上抜ける勢いでしたが、だましに終わり、今度はそのまま急降下し、日足押し安値(黄点線)を下抜けそうな勢いです。

 

下抜けてくれたほうがやりやすいので、このまま日足押し安値を下抜けてくれれば助かります。

 

CADJPY

 

上昇の波が強いので、押し目を待ちたいところです。

 

USDCHF

 

依然はらみ足ですので、この中での勝負は危険です。

どちらかに抜けるまでは待ちたいと思います。

 

USDJPY

 

依然、日足は上目線、4時間足は下目線ですので、上でも下でもまずは目線が揃うまで待ちたいと思います。

 

まとめ

 

ポンドは、指標発表で一気に下落したため見送り。

その他の通貨は、いい感じでプルバックが入りました。

 

来週からは狙える通貨が増えそうです。

 

参考になった方だけで構いませんので、応援していただけるとうれしいです。


デイトレードランキング

 

  • 当サイトは、情報提供のみを目的としており、投資や運用等の助言をおこなうものではありません。
  • 当サイトを利用した際のトラブルや損害について、当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
  • 投資にあたって最終判断は、視聴者様ご自身の裁量(自己責任)でお願い致します。
  • 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について、当サイト及び管理人は一切の責任を負いません。

 

スポンサーリンク


Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください