FOMC前で様子見【5月2日(水)】価格推移まとめ

 

全体的に難しかったですが、夜中にFOMCを控えていたこともあり、手が出しづらい相場でした。

 

今週末に雇用統計もありますので、雇用統計で決着がつくまでは様子見になるかもしれません。

それでもチャンスがあれば入っていくので、チャートチェックだけはしておきます。

 

それでは、5月2日(水)の価格推移まとめです。

 

スポンサーリンク

AUDUSD

 

1時間足のMA50からのグランビルの法則から下降しました。

4時間足の直近安値+MA20とも重なっていたのできれいでしたが、自分的には戻りが浅かったので見送りです。

 

AUDJPY

 

4時間足戻り高値(緑線)を上抜けていますが、4時間足実体レベルでは守られました。

しかし、逆ヘッド&ショルダーが完成しているので、このまま上昇する可能性もあります。

 

とりあえずは、4時間足戻り高値を上抜けるのを待ちます。

 

EURUSD

 

小さなボックス圏を抜けているので、小さく抜くのはありかなと思いますが、自分はもう少し深めの戻りが入るまでは静観します。

 

EURJPY

 

日足押し安値(黄点線)でのレジサポ転換から、切り上げライン抜けのショートがきれいでした。

 

GBPUSD

 

横ばいの動きで手の出しようがありません。

 

GBPJPY

 

戻りの動きになっていますので、手を出す必要はありません。

 

スポンサーリンク

NZDUSD

 

下降の勢いが強かったNZDUSDもいったん落ち着きの様子でしょうか。

それでも、まずは戻りが入るまでは静観です。

 

NZDJPY

 

ヒゲだらけで汚いチャートです。

無理してエントリーする必要はないでしょう。

 

USDCAD

 

依然、大きなレンジ帯で大きな上下動を繰り返しています。

 

うまい人はこのレンジ帯の上下動もとっていると思いますが、自分が不得意なパターンを無理してエントリーしなくても、トータルで十分勝つことができるので、焦る必要はありません。

 

逆に自分がうまいと勘違いして、こういった検証外のトレードを繰り返しているとあっという間にマイナス収支に

なりますので、注意が必要です。

 

CADJPY

 

週足押し安値が効いてそうです。

日足、4時間足レベルでのダブルトップが完成するかもしれませんので、日足は上目線ですが、新たな手法でショートでも攻めていけそうです。

 

USDCHF

 

ずっと、押し目待ちです。

 

USDJPY

 

ずっと、押し目待ちです。

 

まとめ

 

FOMCを控えていることもあり、手が出しづらい相場となりました。

 

 

もちろん、取引スタイルによっては、取れそうな局面は多々ありましたが、自分は押し目買い、戻り売りで、最低でも50Pips狙えるか所しか狙わないと決めているので、無理してエントリーすることはありません。

 

無理してあれもとりたい、これもとりたいと色々な手法を試しているようだと、安定して勝つことは難しくなります。

 

まずは一つの得意パターンに絞って、安定して勝てるようになってから、色々な手法を検証して試していけばいいと思います。

 

一つの得意パターンだけでも、十分稼ぐことは可能ですので。

 

参考になった方だけで構いませんので、応援していただけるとうれしいです。


デイトレードランキング

 

  • 当サイトは、情報提供のみを目的としており、投資や運用等の助言をおこなうものではありません。
  • 当サイトを利用した際のトラブルや損害について、当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
  • 投資にあたって最終判断は、視聴者様ご自身の裁量(自己責任)でお願い致します。
  • 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について、当サイト及び管理人は一切の責任を負いません。

 

スポンサーリンク


 

関連記事

お気軽に質問、コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください