トランプ米大統領シリア攻撃はすぐか当分ないか【4月12日(木)】価格推移まとめ

 

シリア攻撃への懸念でリスク回避の動きが続いていたが、トランプ米大統領はシリアへの攻撃はすぐかもしれないし、全くそうではないかもしれないと発言。

 

シリア攻撃への実施について濁した発言をしたことにより、リスクムードが回復しました。

 

それでは、4月12日(木)の価格推移まとめです。

 

スポンサーリンク

AUDUSD

 

直近高値(赤線)で支えられている状況です。

高値を超えるかどうかに注目します。

 

AUDJPY

 

日足戻り高値(緑点線)でのダブルボトムネック抜けで価格が上昇しました。

全体的に形が汚かったので見送りです。

 

EURUSD

 

いい位置まで押し目が入りましたが、一直線に下降しているので、ロングのタイミングどりが難しいです。

 

EURJPY

 

上下動で終わりましたので見送りです。

 

GBPUSD

 

エントリーしました。詳細はこちら。

【FX,GBPUSD】直近高値+グランビルの法則からのエントリー

 

 

GBPJPY

 

4時間足でグランビルの法則が決まりましたが、1時間足では戻り高値(赤線)をブレイクしそのまま上昇してしまいましたので、タイミングどりが難しく見送りました。

 

スポンサーリンク

NZDUSD

 

横ばいの動きでエントリーポイントはありませんでした。

 

NZDJPY

 

綺麗に上昇していますがタイミングどりが難しかったです。

 

USDCAD

 

横ばいの動きで見送りです。

戻りが弱いのでショートがしづらい状況ですが、USDCADは浅い戻りで続落することが多いので苦手です。

 

CADJPY

 

押し目が浅いのでロングしづらい状況でしたので見送り。

 

USDCHF

 

高値ブレイクがきれいでしたが、何となく形が汚かったので見送りました。

 

USDJPY

 

上昇しましたがタイミングどりが難しかったので見送りました。

もう少し押し目が入ればやりやすかったのですが、ちょっと難しかったです。

 

まとめ

 

半日はシリア攻撃への懸念で横ばいや調整の動きが続いていましたが、トランプ米大統領の発言によって一気にリスク選考の動きになり、19時以降に一気に価格が動きましたがタイミングどりが難しかった1日でした。

 

参考になった方だけで構いませんので、応援していただけるとうれしいです。


デイトレードランキング

 

  • 当サイトは、情報提供のみを目的としており、投資や運用等の助言をおこなうものではありません。
  • 当サイトを利用した際のトラブルや損害について、当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
  • 投資にあたって最終判断は、視聴者様ご自身の裁量(自己責任)でお願い致します。
  • 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について、当サイト及び管理人は一切の責任を負いません。

 

スポンサーリンク


 

関連記事

お気軽に質問、コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください