動意のないFOMC【5月3日(木)】価格推移まとめ

 

FOMCを迎えた日の相場になります。

 

難しい相場状況だったので、逆指値も設定せず、FOMCまで起きるつもりもなく就寝しました。

 

結局、FOMCでは激しい上下動で終わりました。

 

それでは、5月3日(木)の価格推移まとめです。

 

スポンサーリンク

AUDUSD

 

戻りの動きをしていますので、もう少し様子を見たいところです。

 

AUDJPY

 

ヘッド&ショルダーが完成し、ネックラインでコマ足包み線から一気に下降しましたが、狙いえるとしても、日足押し安値(黄点線)、週足押し安値(黄線)までですので大きなPipsも狙えなかったので見送りです。

結局、実体レベルで下抜けることはなく、大きく戻しています。

 

EURUSD

 

ほぼ上下動で終わりました。

エントリーポイントはありませんでした。

 

EURJPY

 

1時間足ではMA50からのグランビルの法則が決まり、切り上げライン抜けのショートがきれいでしたが、4時間足以上を見ると、入れるような状況ではありませんでした。

 

GBPUSD

 

小さな戻りからの下降を続けており、タイミングが難しいです。

大きな動意があるまでは手が出しづらいです。

 

GBPJPY

 

日足押し安値(黄線)を日足実体レベルで守れるかの局面まで結局下がってきてしまいました。

明日の終値を確認して戦略を練り直したいと思います。

 

スポンサーリンク

NZDUSD

 

いい感じに戻りをつけてきています。

そろそろショートの準備をしていきたいです。

 

NZDJPY

 

難しい形から一気に下降しました。

無理して入る必要がありませんでした。

 

USDCAD

 

依然、大きなレンジ帯で大きな上下動を繰り返しています。

 

雇用統計で一気にレンジブレイクするのか注目されるところです。

 

 

CADJPY

 

エントリーしました。詳細はこちらから。

【FX,CADJPY】ダブルトップ完成を見越しての逆張り

 

USDCHF

 

上昇し続けてきたUSDCHFも週足戻り高値でダブルトップを形成しています。

ここから調整の動きになってくれればいいのですが。

 

USDJPY

 

日足、4時間足押し安値まで一気に調整波が入りました。

ここを守ることができたのであれば、あとはロングの準備に入りたいと思います。

 

まとめ

 

FOMCでは結局、激しい上下動で終わってしまいました。

 

まだまだ全体的に難しいですが、明日の雇用統計でどうなるかですね。

相場の状況を見る限り、雇用統計でも大した期待はできそうありませんね。

 

参考になった方だけで構いませんので、応援していただけるとうれしいです。


デイトレードランキング

 

  • 当サイトは、情報提供のみを目的としており、投資や運用等の助言をおこなうものではありません。
  • 当サイトを利用した際のトラブルや損害について、当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
  • 投資にあたって最終判断は、視聴者様ご自身の裁量(自己責任)でお願い致します。
  • 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について、当サイト及び管理人は一切の責任を負いません。

 

スポンサーリンク


 

関連記事

お気軽に質問、コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください