【FX価格推移まとめ】8月第3週の1週間を振り返る

 

8月第3週の価格推移をまとめました。

 

それでは、監視ラインで予想した値動きが、どのように推移したかも合わせて、1週間の価格推移を振り返ります。

 

スポンサーリンク

AUDUSDの価格推移

 

長かったレンジを先週末に下抜け、今週は先週安値の赤丸からレジサポ転換で下降。

 

その後は、再度先週安値の青丸でレジサポ転換狙いで、短期足でも下げのパターンになったので、逆指値を設定するも、ブレイクせずに逆ヘッド&ショルダーの形から上昇しました。

 

先月安値をオーバーシュートしたものの、ここから戻り売りが入るかどうか。

 

4時間足レベルで下降トレンドを崩したので、とりあえずは静観しておきます。

 

AUDJPYの価格推移

 

横ばいの動きで、エントリーポイントはありませんでした。

 

週足サポートで逆ヘッド&ショルダーの形を作っているので、一旦は調整の上昇波が入るかもしれません。

 

EURUSDの価格推移

 

【FX,今日の予想:ユーロドル】プルバック待ち

こちらの記事のエントリープランA通りではないものの、ダブルトップを付けて下降しました。

 

その後は逆ヘッド&ショルダーの形で調整波の上昇になりそうな形です。

 

EURJPYの価格推移

 

【FX,今日の予想:ユーロ円】ダブルトップブレイクなるか

こちらの記事のエントリープランB通りの動きで、先週安値でいったん反応し、先週終値でヘッド&ショルダーを形成しました。

 

その後は、ヘッド&ショルダーネックラインブレイクで安値まで下降しました。

参考記事【FX,ユーロ円】ヘッド&ショルダーネックラインブレイク

 

GBPUSDの価格推移

 

赤丸でグランビルの法則から先週安値をブレイクしましたが、大きく下降はしませんでした。

 

【FX,今日の予想:ポンドドル】直近安値+先週安値+グランビルの法則

その後は、こちらの記事で記載した通り前週安値+グランビルの法則での下降を予想していましたが、短期足で下降の形にならず、ダラダラと横ばいになり、中途半端に上昇しました。

 

GBPJPYの価格推移

 

先週終値をオーバーシュートしたものの、ヘッド&ショルダーを形成し、ネックラインブレイクで安値まで下降しました。

 

リスクリワード比が見込めなかったので、形はきれいでしたが見送りました。

 

スポンサーリンク

NZDUSDの価格推移

 

赤丸からグランビルの法則で下降し、先週安値をブレイクするも大きくは伸びずでした。

 

その後は、逆ヘッド&ショルダーを形成し、ネックラインをブレイクしました。

 

調整の上昇波を築きそうです。

 

NZDJPYの価格推移

 

戻り高値+グランビルの法則の赤丸からきれいに下降しましたが、短期足の形が汚かったのでエントリータイミングは難しかったです。

 

その後は、週足押し安値でダブルボトムを形成するかどうかの局面になっています。

 

USDCADの価格推移

 

週前半で4時間足押し安値ネックラインの赤丸まで押し目が入り、グランビルの法則、ゴールデンクロスがきれいで、そのまま日足切り下げラインまで上昇しました。

参考記事【FX,ドルカナダドル】押し安値ネックラインでのレジサポ転換狙い

 

その後は、日足切り下げラインでダブルトップの右肩でも小さなダブルトップになり、ネックラインブレイクできれいに下降しました。

 

CADJPYの価格推移

 

戻り売り候補の4時間足戻り高値ネックラインの赤丸からの下降がきれいでしたが、A字で下降してしまったため、エントリータイミングが取れませんでした。

 

【FX,今日の予想:カナダドル円】戻り売り待ち

その後は、こちらの記事のエントリープランBの戻り売り候補まできましたが、形が気に入らないので見送りたいと思います。

 

USDCHFの価格推移

 

現在エントリー中です。

 

全体的に調整の波を築きそうですので、負けそうですがとりあえずは結果が出次第、報告します。

 

USDJPYの価格推移

 

先週に続き、難しい波形を描いているため、エントリーポイントはありませんでした。

 

まとめ

 

全体的にトレンドに従って順行しましたが、週の後半で調整の波を築きそうな形になっています。

 

したがって、今週はプルバックの動きになりそうですので、待ちが続きそうな相場になりそうです。

 

それでも、いつチャンスが来るかわかりませんので、しっかりと監視したいと思います。

 

ランキングにある自分の紹介文に、今日の監視通貨を記載しております。

興味がある方は下記バナーからご確認ください。


デイトレードランキング

 

環境認識をするにはMT4が最適です。

 

OANDA JAPANのスプレッドのポリシーは、ユーザの区別なく、最も狭いスプレッドを提供していることで、MT4のスプレッドでは、世界でも最も狭い水準になっております。

 

不利なレートで約定(スリッページ)、約定拒否(リジェクト)も感じられませんし、再クオート、約定拒否もありません。

⇒OANDA_Japanの口座開設手順

 

  • 当サイトは、情報提供のみを目的としており、投資や運用等の助言をおこなうものではありません。
  • 当サイトを利用した際のトラブルや損害について、当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
  • 投資にあたって最終判断は、視聴者様ご自身の裁量(自己責任)でお願い致します。
  • 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について、当サイト及び管理人は一切の責任を負いません。

 

スポンサーリンク


 

関連記事

お気軽に質問、コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください