【FX価格推移まとめ】8月第1週の1週間を振り返る

 

8月第1週の価格推移をまとめました。

 

FOMCや雇用統計を控えた週でしたが、全体的にはトレンドを変えるような大きな動きにはなりませんでした。

 

それでは、監視ラインで予想した値動きが、どのように推移したかも合わせて、1週間の価格推移を振り返ります。

 

スポンサーリンク

AUDUSDの価格推移

 

1ヵ月以上大きなレンジで方向感がつかめず、レンジ上限や下限に行くわけでなく、非常に難しい状況が続いています。

 

今週もレンジ上限、下限を抜けることなく終わりましたので、当分様子見になりそうです。

 

AUDJPYの価格推移

 

4時間足戻り高値を赤丸で上抜けましたが、抜けが甘く、押し安値付近まで戻されています。

 

ここからのパターン次第では、ロングもありですが、週足はレンジ状態で、日足の波も汚いので、難しい局面です。

 

EURUSDの価格推移

 

【FX,今日の予想:ユーロドル】FOMCでペナントブレイクなるか

⇒FOMC前に下がってしまったので、エントリープラン通りの動きにはなりませんでした。

【FX,今日の予想:ユーロドル】ペナントブレイク中だが雇用統計でどうなるか

⇒エントリープランCのペナント下限のレジサポ転換中ですが、抜けも甘く、プルバックも浅いので見送りです。

 

まずは、赤丸の4時間足戻り高値と、ペナント上限できれいな宵の明星が出たのでショートをしたかったのですが、その後に控えていたFOMCがあったので見送りました。

 

雇用統計で、ペナントブレイクを予想していましたが、雇用統計前にブレイクしてしまったので、雇用統計も特に大きな動きはなく、エントリープランCのペナント下限のレジサポ転換になっていますが、もう少し動意がはっきりしてからエントリーしていきたいと思います。

 

EURJPYの価格推移

 

4時間足押し安値、フィボナッチ61.8%でダブルトップを形成し、ネックブレイクできれいに下降しましたが、日足は上目線だったのと、1時間足も上昇トレンド中でしたので入れませんでした。

 

GBPUSDの価格推移

 

ヘッド&ショルダーネックラインブレイクがきれいでした。

 

GBPJPYの価格推移

 

赤丸で戻り高値を上抜け、その後、緑丸で押し安値を下抜けたので、止まるべきところで止まってくれず、上下動の激しい1週間でしたので、エントリータイミングは計れませんでした。

 

スポンサーリンク

NZDUSDの価格推移

 

 

【FX,今日の予想:NZドル】日足ダブルトップ完成なるか

こちらの記事のエントリープランB通りの動きになりました。

 

4時間足戻り高値ネックラインでヘッド&ショルダーを完成させ、右肩から入りたかったのですが、執行時間足の形が汚かったので見送りでした。

 

NZDJPYの価格推移

 

赤丸で4時間足戻り高値を上抜けましたが、そのまま下降し、緑丸で4時間足押し安値を下抜けました。

 

止まるべきところで止まってくれなかったので、難しく上下動の激しい動きでしたので、エントリータイミングが計れませんでした。

 

USDCADの価格推移

 

小さなボックス圏ですが、右肩下がりになっています。

 

日足は上昇トレンド中ですので、上抜けるまでは、または、日足のトレンドを崩すまでは見送りです。

 

CADJPYの価格推移

 

4時間足直近高値でレジサポ転換しているのを確認しており、執行時間足も下降トレンドを崩していたため、雇用統計で、執行時間足の高値ブレイク狙いでしたが、残念ながらブレイクにはならず、もみ合ってしまいました。

 

USDCHFの価格推移

 

週始めで一気に下降し、その後はV字で上昇しています。

 

かなり難しい動きなので、エントリータイミングを見出せませんでした。

 

USDJPYの価格推移

 

日足押し安値までは届かなかったのの、コマ足包み線からきれいに下がっています。

 

ただ、4時間足が下降トレンド崩壊中でしたので、エントリーは見送りました。

 

まとめ

 

FOMCも雇用統計も期待の動意にはならず、全体的に乱高下も多く、非常に難しい1週間でした。

 

最近は、横ばいが多く非常に難しいです。

 

また、夏休みに入りましたので、8月も難しい相場になりそうです。

 

ランキングにある自分の紹介文に、今日の監視通貨を記載しております。

興味がある方は下記バナーからご確認ください。


デイトレードランキング

 

環境認識をするにはMT4が最適です。

 

OANDA JAPANのスプレッドのポリシーは、ユーザの区別なく、最も狭いスプレッドを提供していることで、MT4のスプレッドでは、世界でも最も狭い水準になっております。

 

不利なレートで約定(スリッページ)、約定拒否(リジェクト)も感じられませんし、再クオート、約定拒否もありません。

⇒OANDA_Japanの口座開設手順

 

  • 当サイトは、情報提供のみを目的としており、投資や運用等の助言をおこなうものではありません。
  • 当サイトを利用した際のトラブルや損害について、当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
  • 投資にあたって最終判断は、視聴者様ご自身の裁量(自己責任)でお願い致します。
  • 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について、当サイト及び管理人は一切の責任を負いません。

 

スポンサーリンク


 

関連記事

お気軽に質問、コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください