FX税率20.315%という名の罠

 

国内口座の場合、FXの税率は20.315%(所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%)となります。

 

しかし、これだけで考えておくと思わぬ落とし穴で、支払いが困難になるかも。

 

そうならないためにも、納めるべきお金を把握しましょう。

 

スポンサーリンク

FXの税金

 

国内口座、海外口座によって税率が異なります。

 

また、利益を確定した金額によっても異なりますので、ひとつづつ確認していきましょう。

 

税金発生の条件

 

まずは、税金発生の条件ですが、

 

給与所得がある方は、利益を含めた各種所得が年間20万円超え

給与所得がない方は、利益を含めた各種所得が年間38万円超え

給与所得が2000万超え

 

となります、この条件を満たした場合、税金が発生するので、確定申告をしましょう。

 

それでは、税率について、条件によって異なりますので、ひとつづ見ていきましょう。

 

国内口座

 

国内口座の場合、申告分離課税となり、

 

税率は一律20.315%(所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%)となります。

 

FXで500万円の利益を確定させた場合

所得税、復興特別所得税

500万円(利益) × 15.315%(所得税+復興特別所得税)= 765,750円

 

住民税

500万円(利益) ×5%(住民税)= 250,500円

 

合計

1,016,250円

 

となります。

 

次に海外口座について見てみましょう。

 

海外口座

 

海外口座の場合、雑所得扱いとなり、総合課税扱いになります。

 

総合課税の税率は下記となります。

 

総合課税税率

所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円超え~330万円以下 10% 97,500円
330万円超え~695万円以下 20% 427,500円
695万円超え~900万円以下 23% 636,000円
900万円超え~1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円超え~4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円超え 45% 4,796,000円

※この税率に+10%の住民税が加わる。所得税と復興特別所得税(2.1%)を併せて申告・納付。

 

FXで500万円の利益を確定させた場合

所得税、復興特別所得税

500万円(利益) × 12.1%(所得税+復興特別所得税)- 427,500円(控除額)

= 677,500円

 

住民税

500万円(利益) ×10%(住民税)= 500,000円

 

合計

1,177,500円

 

となります。

※経費、基礎控除、社会保険控除などは、除いた計算になっています。

 

以上が、FXにかかる税金となります。

 

冒頭にも述べたよう、これだけで考えておくといけません。

 

さらに強制的に取られるお金があります。

 

それが、国民健康保険です。

 

国民健康保険加入者はFXで確定させた利益によって、結構な額の保険料を支払わなければなりません。

 

国民健康保険について、詳しく見てみましょう。

 

国民健康保

 

国民健康保険加入者はFXの税金で納める金額だけではなく、国民健康保険料が加わります。

 

社会保険加入者は該当しません。

 

それでは、国民健康保険でいくら支払うのか確認しましょう。

 

国民健康保険料算出

 

国民健康保険は、医療分、支援金分、介護分の合算で算出されます。

 

39歳までは介護分はかかりませんが、40歳から64歳は介護分がかかります。

 

また、自治体によって、医療分、支援金分、介護分の算出方法も異なりますので、該当する自治体で確認してみてください。

 

試算してみますが、自治体によって異なりますので、参考程度にとどめてください。

 

FXで500万円の利益を確定させた場合

医療分

500万円(利益) × 6.64%(所得割) + 32,180円(均等割) = 364,180円

※医療分の上限は540,000円

 

支援金分

500万円(利益) × 1.99%(所得割) + 9,890円(均等割) = 109,390円

※支援金分の上限は190,000円

 

介護分(40歳から65歳のみ)

500万円(利益) × 2.03%(所得割) + 12,650円(均等割) = 114,150円

※介護分の上限は160,000円

 

合計

587,720円

 

FXで500万の利益を確定させた場合、国民健康保険料は年間で587,720円かかることになります。

なかなか痛いですね。

 

結局、国内口座のFXで500万円の利益を確定させた場合、

 

所得税、復興特別所得税、住民税が、1,016,250円

国民健康保険が、587,720円

 

合計、1603290円を国に納める必要があります。

※今回は、各控除を除いております。

 

また、自治体によってさらに平均割なども加わり、納める金額が前後しますので参考程度に見てください。

 

それでは次に、繰越控除、損益通算について、説明します。

 

FXで1年間の収支がマイナスだったので、確定申告はしていなよ、って方も多いでしょう。

 

それでは、かなり損をすることになるので、しっかりと確認していきましょう。

 

スポンサーリンク

繰越控除

 

繰越控除とは、FXの収支が1年間でマイナスだった場合、次の年に繰り越すことができます。

 

確定申告しておくと、翌年、マイナス収支分がそのまま控除額となりますので、かなりお得になります。

 

これは、国内口座のみ適用で、海外口座では繰越控除できません。

 

それでは、例をあげて説明します。

 

去年200万円の損失、今年500万円の利益をあげた場合

 

確定申告をしておかないと、500万円の利益に対して、税金がかかります。

 

しかし、確定申告をしておくと、繰越控除が適用されるので、

500万円 (今年の利益)― 200万円(去年の利益) = 300万円

 

したがって、300万円の利益に対して、税金がかかることになります。

 

500万円の利益の場合、税金は1,015,750円

300万円の利益の場合、税金は60,945円

 

繰越控除を適用すると、約40万の節税となりますので、確定申告はしておきましょう。

 

次に損益通算について説明します。

 

損益通算

 

損益通算とは、FXの利益と他の雑所得を通算することができます。

 

国内口座では、ほかの雑所得は限られますが、海外口座では、ほかの雑所得と通算して算出することが可能です。

※国内口座と海外口座の損益通算はできません。

 

したがって、FXで負けた場合も、確定申告はしておきましょう。

 

経費

 

経費について、パソコン代、FXに関する書籍など、認められているらしいですが、税理士に「そんなの認められないよ」と一蹴されてしまいましたので、経費については割愛します。

 

たぶん、経費として認められるはずなので、もう少し勉強します・・・

 

税金で困らないためにも

 

税金、国民健康保険は支払いが義務づけられています。

 

払えない・・・

では済みませんので、損益通算、繰越控除など、削れるところはきっちり削り、自分が納めるべき金額をしっかりと把握し、計画的に貯蓄しておきましょう。

 

参考になった方だけで構いませんので、応援していただけるとうれしいです。


デイトレードランキング

 

  • 当サイトは、情報提供のみを目的としており、投資や運用等の助言をおこなうものではありません。
  • 当サイトを利用した際のトラブルや損害について、当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
  • 投資にあたって最終判断は、視聴者様ご自身の裁量(自己責任)でお願い致します。
  • 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について、当サイト及び管理人は一切の責任を負いません。

 

スポンサーリンク


Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.