FXは100Pips/月で十分!?恐るべき複利の力

 

FXで専業になるためには月に何Pips獲得できればいいのか。

 

初心者の頃は当たり前のように毎月獲得Pipsがマイナスでした。

 

専業になるためには、毎月1,000Pips獲得できなければならない。

 

そんな記事を見かけ、絶対に無理だと途方に暮れていました。

 

実際に今の実力では毎月安定して1,000Pipsどころか、500Pipsも安定して獲得するのも無理ですが、現に専業として食べていけています。

 

スポンサーリンク

FXでの獲得Pips数は大切なのか

 

獲得Pips数と収益は比例しません。

 

アベレージ100Pips/月で毎月100万円以上稼いでいる人もいれば、アベレージ500Pips/月でも100万円稼げていない人もいます。

 

それは、ロット数の違いによるものです。

 

ロット数100枚で取引しているのであれば、100Pips獲得できれば、月に100万円の利益です。

 

しかし、ロット数1枚で取引しているのであれば、500Pips獲得しても、月に5万円の利益にしかなりません。

 

とはいえ、リスク管理を徹底するためには、獲得Pips数は多く、ロット数は少ないにこしたことはありませんので、獲得Pips数も大切、ということになります。

 

しかし、毎月1,000Pips獲得を目指すよりも、安定して毎月100Pipsでも獲得して、徐々に資金を増やし、複利の力で、お金を増やしていくほうが簡単です。

 

FXは複利の力で稼ぐことができる

 

複利とは、複利法により計算された利率のことで、毎月増えた資金に対して、利率がかけられます。

 

逆の言葉は単利で、単利は元の資金に対してにしか利率がかかりません。

 

少し難しいかもしれませんので、単利と複利を例にとって解説します。

 

100万円の資金に対して、毎月10%の利率で1年間運用

 

単利の場合

1ヵ月目

100万円(元本) × 10%(月利) = 10万円(利益)

2ヵ月目

100万円 (元本)× 10% (月利)= 10万円(利益)

3ヵ月目

100万円(元本) × 10%(月利) = 10万円(利益)

12ヵ月目

100万円 (元本)× 10%(月利) = 10万円(利益)

 

元の資金に対しての利率になるため、毎月100万円に対して、利率10%がかけられるので、10万円 ×  12カ月で年間120万円の利益になります。

 

複利の場合

1ヵ月目

100万円(元本) × 10% (月利)= 10万円(利益)

2ヵ月目

110万円(元本+利益) × 10% (月利)= 11万円(利益)

3ヵ月目

121万円(元本+利益) × 10%(月利) = 12万円(利益)

12ヵ月目

285万円 (元本+利益)× 10% (月利)= 28万円(利益)

 

毎月増えた資金に対して利率10%がかけられるので、年間213万円の利益になります。

 

複利の力は金持ちになるためには必要

 

  • 月利10%を単利で運用した場合は年間120万円
  • 月利10%を複利で運用した場合は年間213万円

 

月利10%でも単利で運用するのと、複利で運用するのではたった1年間で93万円の差が出ます。

 

これが2年間であれば、単利では10万円 × 24ヵ月で240万円の利益。

 

複利では、884万円の利益になるため、2年間で644万円の差になります。

 

これが、5年、10年と続けば、恐ろしいことになることが容易に想像つくと思います。

 

闇金で10日で1割の利息。

 

通称「といち」という高金利なるものを耳にしたことがあると思います。

 

10万円借りて、10日で1万円の利息が付くという話を見た時は、ヤミ的なのに大したことないじゃん、と思ってしまいましたが、こちらも複利で利子が膨らむため、1年後は利子だけで、30万円以上になり、返済額は300万円以上になるという、とんでもないものでした。

 

アインシュタインも人類最大の発明は「複利」だと。

 

そのくらい複利は凄まじい力を持っていますので、サラリーマンのように毎月安定した給料をもらうのは単利の考えになり、大金持ちになりたいと願うのであれば、複利で稼ぐのが手っ取り早いです。

 

しかし、複利は恐ろしい力ももっています。

 

こちらを理解することで、そう簡単にはいかないことも理解できるはずです。

 

スポンサーリンク

獲得Pips数よりも安定してPipsを獲得することが大切

 

複利の力で資金が雪だるま方式で増えていくのが理解できたと思います。

 

しかし、それは毎月安定して勝てることが条件になります。

 

最初に獲得Pips数は大切。

 

とお話ししましたが、それよりも大切なことは、毎月安定してPipsを獲得することです。

 

毎月の獲得Pipsが不安定な状態で、年間5,000Pips獲得するよりも、毎月100Pipsでもいいから安定して獲得し、年間1,200Pips獲得するほうが、大切です。

 

毎月安定して100Pips稼げれば、資金管理にもよりますが、月利10%くらいはいくでしょう。

 

複利の力でも説明したように、月利10%を複利で運用すれば、数年後はかなりの額を稼げることになります。

 

ただし、毎月不安定な状態であれば・・・

年間に5,000Pipsは獲得できるが、毎月の獲得Pipsが不安定である場合は、複利の力は逆に作用してしまいます。

 

複利の力が逆に作用する恐ろしい力

 

毎月安定してPipsを獲得することができないにもかかわらず、資金100万円を複利の力で運用した場合どうなるか見てみましょう。

 

資金管理にもよりますが、100Pips獲得で月利10%と仮定します。

 

100万円の資金に対して、複利で運用

1ヵ月目が+2,500Pips

100万円 (元本)× 250%(月利) = 250万円(利益)

2ヵ月目が+1,000Pips

350万円(元本+利益) × 100%(月利) = 350万円(利益)

4ヵ月目が+300Pips

700万円(元本+利益) × 30%(月利) =210万円(利益)

5ヵ月目が-500Pips

910万円(元本+利益) × -50%(月利) =-455万円(利益)

6ヵ月目が-800Pips

455万円(元本+利益) × -80%(月利) =-364万円(利益)

 

半年で2,700Pips獲得していますが、6ヵ月目の収支が455万円 - 364万円で91万円になりますので、元本を割ってしまいました。

 

4ヵ月間利益を積み重ねてきましたが、たった1ヵ月で利益が半分になり、最後の1ヵ月で元本が割れるという、複利の力が逆に作用してまう、かなり極端な例になりましたが、恐ろしい結果となりました。

 

したがって、不安定な状態で大きなPips数を獲得するよりも、小さなPips数でも毎月安定して獲得することが大切になります。

 

複利の凄まじい力だけではなく、複利の恐ろしい力も理解しておかなければ、残ったのは多額の税金のみで借金状態になりますので、正しい知識と資金管理を徹底する必要があります。

参考記事危険なのは高レバレッジではなく誤った資金管理

 

よく月利30%で回せるならすぐ億万長者になれる。

 

だから月利30%は無理だ、という話を聞きますが、ことはそう単純ではなく、月利30%をほぼ確実に取れるとしても、複利の恐ろしさを理解していれば、そう簡単にロット数を上げ続けるというのは精神的に厳しくなるはずです。

 

それでも無理なく、少しずつロット数を上げて複利の力で資金を増やしていけば、数年後には今では考えられない資金を手に入れていることでしょう。

 

まとめ

 

今回は獲得Pips数と複利の関係性について解説しました。

 

獲得Pips数は大きいことに越したことはありません。

 

しかし、リスク先行で月平均1,000Pipsを目標にして、マイナス月が出るようなことがあるくらいなら、確実に月平均100Pipsを狙ったほうが、複利の力で資金はどんどん増えていきます。

 

ただし、複利の恐ろしい力も理解しなければ、複利の力が逆に作用してしまうので、複利の力で説明したような爆発的な右肩上がりは難しいですが、徐々にロット数を上げることができれば、長い年数でみれば、今では考えられれない資金が手に入ります。

 

もちろん、毎月安定して1,000Pips以上を狙えるに越したことはありませんので、自分もスキルアップして、それくらい狙えるようになりたいですね。

 

参考になった方だけで構いませんので、応援していただけるとうれしいです。


デイトレードランキング

 

  • 当サイトは、情報提供のみを目的としており、投資や運用等の助言をおこなうものではありません。
  • 当サイトを利用した際のトラブルや損害について、当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
  • 投資にあたって最終判断は、視聴者様ご自身の裁量(自己責任)でお願い致します。
  • 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について、当サイト及び管理人は一切の責任を負いません。

 

スポンサーリンク


Tags:
 

関連記事

お気軽に質問、コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください