FX業者が破綻したら預けたお金は・・・

 

FXを始めるにあたって気になるのが、FX業者が破綻したら、預けているお金は戻ってくるの?

 

正直、銀行に比べると安全面が気になる・・・

という方も多いと思われますが、そんなことはありませんので正しい知識を身につけていきましょう。

 

スポンサーリンク

FX業者が破綻したら?

 

FX業者が破綻したら、預けている資金は戻ってこなく、運が悪かったと泣き寝入りするしかないと思っておりましたが、全くそんなことはありませんでした。

 

信託保全により、FX業者が倒産したとしても、自分が預けている資金はすべて守られます。

 

信託保全

 

信託保全とは、FX業者は、顧客から預かった資金を、信託銀行に管理を委託することにより、我々の資金を保護してくれます。

したがって、FX業者が倒産した場合でも、信託銀行を通じて預けていた資金が返還される、という仕組みになります。

 

この信託保全は、2010年2月に法律で義務化されたことにより、たとえFX業者が破産したとしても、我々の資金は全額守られることになります。

 

信託銀行が破綻したら?

 

信託保全により、FX業者が倒産しても全額返還されることはわかりました。

 

それでは、信託銀行が倒産したらどうなるのでしょうか。

こちらも問題なく、預けている資金は全額返還されます。

 

信託法により、我々の預けている資金は、FX業者のものでも、信託銀行のものではないため、差し押さえることができません。

したがって、信託銀行が破綻したとしても、我々の資金は守られることになります。

 

ペイオフ解禁で1,000万円までしか保証されないんじゃないの?

2005年4月にペイオフが解禁されたことにより、銀行が破綻した場合は、銀行に預けている資金が「1,000万円+利息」しか保証されません。

 

ということは、FX業者や信託銀行が破綻した場合も、1,000万円しか保証されないのではないか、という疑問も上がってきますが、そうではありません。

 

先ほどもいいましたが、信託法により、我々の預けている資金は、FX業者のものでも、信託銀行のものではないためペイオフの対象になりません。

したがって、1,000万円を超える資金を預けていたとしても、ペイオフの対象ではないため、全額保証されることになります。

 

スポンサーリンク

大切なのはFX業者

 

いくら資金が守られるからといっても、やはり、倒産する可能性が少ない、信頼できるFX業者を選びたいですよね。

 

信頼できる業者のポイントを紹介していきます。

 

完全信託保全であること

 

信託保全には完全信託保全と、一部信託保全があります。

 

完全信託保全であれば、顧客から預かった資金すべてを信託銀行に管理を委託するので、問題ありません。

 

しかし、一部信託保全であれば、顧客から預かった資金の一部を、信託銀行に管理を委託しますが、残りの一部はFX業者が管理することになりますので、FX業者が倒産した場合、預けた資金すべて返還される可能性が完全信託保全に比べて、低くなります。

 

したがって、完全信託保全のほうが安全です。

 

日次信託であること

 

週次信託と日次信託があり、信託額の計算が毎日するのか、週1でするのかの違いです。

相場は毎日毎分動いているので、週1レベルだと、口座に反映される額も大きく変わってくるため、日次信託のほうが安全といえます。

 

自己資本比率が140%以上であること

 

予期せぬ出来事に巻き込まれないためにも、財務体制がしっかりとした業者を選ぶことが重要です。

その指針となるのが自己資本比率。

 

自己資本比率が140%を下回ると金融庁への届け出が必要になります。

100%を下回ると3ヵ月以下の業務停止、もしくは登録取消になりますので自己資本比率は大きければ大きいほど財務体制がしっかりしている業者といえ安全になります。

 

以上を加味して、安全なFX業者を選択しましょう。

 

GMOクリック証券

FX取引高6年連続世界第一位。

※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2017年12月)

⇒GMOクリック証券の口座開設手順

 

完全信託保全、日次信託であるため、顧客の資金管理は安心できます。

また、自己資本比率は326.7%であり財務体制もしっかりしています。

 

GMOクリック証券の口座開設はこちらから

GMOクリック証券

 

まとめ

 

FX業者が破綻した場合、信託保全によって、我々の預けた資金はすべて守られる、ということが理解できたと思います。

 

信託法により、ペイオフ対象にならないため、1,000万円を超える資金も守られるため、銀行が破綻するよりも手厚い保護が受けられます。

しかし、資金が守られるとはいえ、破産しないに越したことはないので、業者選びもしっかりと行いましょう。

 

参考になった方だけで構いませんので、応援していただけるとうれしいです。


デイトレードランキング

 

  • 当サイトは、情報提供のみを目的としており、投資や運用等の助言をおこなうものではありません。
  • 当サイトを利用した際のトラブルや損害について、当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
  • 投資にあたって最終判断は、視聴者様ご自身の裁量(自己責任)でお願い致します。
  • 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について、当サイト及び管理人は一切の責任を負いません。

スポンサーリンク


 

関連記事

お気軽に質問、コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください