いくら稼いでいるんですか?

 

稼いだ金額を載せているFXサイトが多いですね。

その割には、エントリーポイントやロット数を載せているサイトは少ない。

 

もちろん、稼いだ金額は大切ですが、それがトレーダーの評価につながるとは限りません。

 

スポンサーリンク

稼いだ金額を載せる意味

 

自分も初心者の頃は、どれくらい稼いでいるのかが気になっていたため、金額を載せているサイトにくいついて見ていました。

しかし、集客目的の中身のないサイトが多かったので、すぐに見るのをやめました。

 

結局、金額を提示する意味は、集客目的で、最終的にはツール販売や、教材の販売につなげる。

これが、稼いだ金額を載せているサイトの特徴ですね。

※金額を提示していても、エントリーポイントの解説など、中身が充実しているサイトもあります。

 

なぜ稼いだ金額を載せないのか

 

いくら稼いでるんですか?

という質問がちょくちょくきますが、今までもこれからも、稼いだ金額を載せることはないでしょう。

 

運用資産に左右される

結局、FXは運用資産が多ければ多いほど有利になります。

 

例えば、年間1,000万円勝ったとしましょう。

初心者の頃からしたら、これはすごいことですが、トレーダーの質と直結するのか、といわれればそうではありません。

 

運用資産が10億円だった場合

運用資産が10億円あったとしたら、年利1%です。

確かに年利1%でも凄いことかもしれませんが、トレーダーの評価としては高いほうではありません。

 

年利1%であれば、誤差の範囲で次の年は負ける可能性も十分考えられます。

 

運用資産が10万円だった場合

運用資産が10万円であれば、年利10,000%なので、凄すぎると感じてしまうところですが、そういうわけではありません。

 

リスク管理を無視した、いつ破産してもおかしくないトレードとみなし、こちらもトレーダーとしての評価は低いと判断します。

 

結局は運用資産に左右されるので「稼いだ額 = トレーダーとしての評価」ということにはなりません。

 

なんか下品

これは考え方の違いなのですが、自分は稼いでいるアピールをするのが単純に下品でいやなんですよね。

 

SNSでも札束を見せびらかせて集客している人が多々いますが、そいういうのはたいてい、写真の使い回しで、結局は集客目的で、高額ツールや商材を販売することがメインになると思います。

したがって、稼いでいるアピールをしている人で、実際に稼いでいる人は少ないはずです。

 

人をだましてまでお金が欲しい、という人たちはネット社会には多々いますので、騙されないように気を付けましょう。

 

まとめ

 

結局稼いだ金額は、運用資産に左右されるので、トレーダーの質とは直結しません。

したがって、自分は稼いだ額を載せることは一生ないでしょう。

 

もちろん、稼いだ金額を載せているサイトでも中身の充実したサイトは存在するので、色々なサイトで勉強して、信用できるサイト、できないサイトを見極めていきましょう。

 

参考になった方だけで構いませんので、応援していただけるとうれしいです。


デイトレードランキング

 

  • 当サイトは、情報提供のみを目的としており、投資や運用等の助言をおこなうものではありません。
  • 当サイトを利用した際のトラブルや損害について、当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
  • 投資にあたって最終判断は、視聴者様ご自身の裁量(自己責任)でお願い致します。
  • 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について、当サイト及び管理人は一切の責任を負いません。

 

スポンサーリンク


Tags:
 

関連記事

お気軽に質問、コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください