スキャルピングで稼げてもその先は・・・

 

小さな値幅を高ロットで積み重ねて、大きく稼ぐスキャルピングトレーダー。

 

1日に数十回ほどの取引を行い、細かい値動きを狙うため、デイトレードやスイングよりも大きな稼ぎが期待できます。

 

しかし、かなりの技術が必要になるし、FXで一生食べていく、と決めた人にとっては、かなり過酷な作業になってしまいます。

 

スポンサーリンク

スキャルピング

 

人によって定義は異なりますが、数秒から数分の間に5Pips~10Pipsを狙う取引をスキャルピングといいます。

 

1日に数十回の取引を行います。

100回以上の取引をしている、気合の入った方もおられるでしょう。

 

スキャルピングはおすすめしない

スキャルピングは低資金でも高ロットでガンガン稼げるのが魅力的です。

時間がない方でも、1時間だけ取引する、ということも可能になるかもしれません。

 

しかし、メリットはこのくらいで、スキャルピングをおすすめしない理由を何点か挙げていきたいと思います。

 

難易度が高い

デイトレやスイングは1回の取引で数十Pips~数百Pips狙うのに対し、スキャルピングは数Pipsの値幅を狙うので、一見、初心者向けの取引スタイルに見えてしまいます。

 

しかし、実際はデイトレやスイングよりも難易度が高く、1分足や5分足レベルまで落とし込んで環境を認識しなければなりません。

 

1分足や5分足で取引するのは、かなりの瞬発力も必要になります。

ちょっとした判断の遅れが損大利小になってしまうので、機会損失を被る可能性が高くなります。

 

デイトレ、スイングで勝てない方がスキャルピングをするのはおすすめできません。

 

スプレッドがばかにならない

スプレッドとは1回の取引にかかる手数料みたいなものです。

 

業者や通貨によって異なりますが、ユーロドルの場合は、スプレッドが0.5Pipsほどになります。

 

仮に1日に20回の取引を行った場合、

0.5Pips(スプレッド) × 20回(取引回数) = 10Pips(1日のスプレッド)

 

1回あたり20万通貨で取引する場合は、

10Pips(1日のスプレッド) × 20万通貨(ロット数) = 2万円(1日のスプレッドによるコスト)

 

1回の取引が20万通貨で、20回のトレードを行った場合、スプレッド分で1日2万円がコストとしてかかります。

月に換算したら、40万円ほどになりますね。

 

もちろん、月に40万円以上稼げるので、スキャルピングをするのですが、それでもスプレッドだけで40万円ももってかれるのは中々厳しいものがあります。

 

スポンサーリンク

集中力の低下

人間の集中力なんて、もって1時間程度。

数Pipsの利益を狙うため、ちょっとした集中力の低下により、数秒の判断が遅れただけで、致命的なミスにつながります。

 

それを朝から晩までやるとなると、自分は集中力がもたず、ミスの連続になるのは間違いありません。

 

時間的拘束

難易度やスプレッドによるコスト、集中力に関しては、技術面でカバーできるのでまだましです。

 

一番の問題点は、時間的拘束です。

FXで一生生計をたてたいのであれば、かなり厳しく、自分は精神が崩壊してしまうかもしれません。

 

ちょっとした判断ミスが機会損失につながるくらいなので、朝から晩までパソコンに張り付いて、チャートとにらめっこし、俊敏に売買しなければなりません。

 

テレビを見る時間や、ちょっと横になる時間はもちろん、飯を食べている時間、風呂に入る時間さえ、もったいないと感じてしまうかもしれませんね。

 

そんな生活を一生続けるくらいなら、サラリーマンに戻ったほうがましと思ってしまいます。

 

まとめ

 

今回はスキャルピングをおすすめしない理由を挙げてきました。

 

細かい値幅を狙うのであれば瞬発力や、集中力の持続も必要であり、難易度もかなり高くなります。

それに加え、スプレッドもばかになりません。

 

何のためにFXで生計を立てたいのか。

それは楽して稼ぎたいから、という理由の方が多いと思います。

 

いざFXを始めると楽ではない、ということは理解できたと思いますが、それでも勝てるようになると、他の仕事に比べると、かなり楽に稼げます。

 

しかし、スキャルピングの場合は、肉体的にも精神的にもかなり厳しいのではないかと思っております。

 

参考になった方だけで構いませんので、応援していただけるとうれしいです。


デイトレードランキング

 

  • 当サイトは、情報提供のみを目的としており、投資や運用等の助言をおこなうものではありません。
  • 当サイトを利用した際のトラブルや損害について、当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
  • 投資にあたって最終判断は、視聴者様ご自身の裁量(自己責任)でお願い致します。
  • 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について、当サイト及び管理人は一切の責任を負いません。

 

スポンサーリンク


Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.