裁量トレード派?システムトレード派?それぞれのメリット・デメリットを徹底解説

 

裁量トレードとシステムトレード。

 

自分は裁量トレード一本でやっていますが、初心者の方にとっては、システムトレードの方が食いつきがよさそうです。

 

というのも、200連勝とか、今日も30万勝ち、みたいな記事で釣っているサイトが多く、FXの初心者や、勝てていない方にとっては、魅力的な謳い文句になりますからね。

 

シストレに関しても資金管理や、自動売買停止の見極めをしないと痛い目を見るかもしれません。

 

スポンサーリンク

裁量トレード派?システムトレード派?どちらも稼ぐことは可能だが

 

結論から言うと、自分は裁量トレードをおすすめしています。

 

どちらも一長一短はありますが、メリット、デメリットを踏まえて、ひとつづつ解説していきます。

 

裁量トレード

 

裁量トレードとは、ラインやインジゲーターを駆使し、自分自身で売買を実施します。

 

自分の力が全てになりますので、勝てるようになるまでは地道な努力が必要になります。

 

裁量トレードのメリット

自分の考えで取引を行うので、自分の好きなパターンが決まらなければ、トレードを見送ることができるため、余計な負けを減らすことができます。

 

また、経験値を身につけることにより、スキルアップにつながり、稼げる額もどんどん増えていくため、シストレより安定して大きく稼ぐことが可能になります。

 

裁量トレードのデメリット

勝てるようになるためには、地道な努力とかなりの時間が必要になります。

 

ここで、心が折れてFXをやめてく方が大半です。

 

自分でチャートをチェックして、自分で取引を行うため、仕事をしている方にとっては、好きなパターンが決まっていても仕事により見逃すことも多くなるでしょう。

 

また、人間ですので余計な感情が入ってしまうため、ある程度の経験を身につけないと、感情により不安定なトレードをしてしまう可能性もあります。

 

スポンサーリンク

システムトレード

 

システムトレードとは、ラインやインジゲーターに頼らずとも、機械が自動的に売買を実施しますので、ルールが確立されていない初心者の方にとっては魅力的なシステムになります。

 

システムトレードのメリット

機械に任せて自動売買をするため、自分の力がそこまで必要ありません。

 

また、24時間自動で取引してくれるため、時間がない方でも勝手に取引してくれますし、感情も関係ないので、ルール通り淡々と売買してくれます。

 

システムトレードのデメリット

機械任せの取引になりますので、相場観が身につかず、いつまでたってもスキルがアップしません。

 

システムに関しても優良なシステムに出会わなければ、大切な資金がどんどん減ることにもなります。

 

たとえ、優良なシステムに出会ったとしても、使える相場、使えない相場が必ずありますので、その相場にあわせて、システムを入れ替えなければ、大きく稼ぐことは難しいかもしれません。

 

自動売買とはいえ、ある程度の知識がなければ勝ち続けることは難しいと思います。

 

また、勝率が高いシステムは、確実にナンピンをしているため、資金管理を徹底しないと、すぐに破産してしまうでしょう。

 

ここまで徹底できても、年利20%程度になります。

 

年利20%でもすごいですが、裁量トレードでは月利20%も可能なので、裁量トレードよりは稼ぐことはできないでしょうね。

 

まとめ

 

裁量トレードとシステムトレードのメリット、デメリットについて解説しました。

 

システムトレードは優良なシステムに出会ったとしても、使い方次第では破産する可能性が高まります。

 

自動売買とはいえ、使える相場、そうでない相場を見極める必要があるので、簡単なようで意外と難しいと思います。

 

また、ナンピンを採用していると思われるので、サイジングをかなり小さくして、小さな利を重ねていくため、資金がなければ、大きく稼ぐことは難しいですね。

 

それでも、年利20%であれば、複利の力でどんどん利益が増えていくので、貯金するよりは勉強する価値があると思います。

 

裁量トレードはかなり努力が必要ですが、トレードを重ねることによってスキルがアップし、デメリットも経験値によって解消されます。

 

自分の判断で取引できるので、力がつけば、大きく稼ぐことが可能になります。

 

したがって、専業トレーダーとして食べていくのであれば、システムトレードより裁量トレードをおすすめします。

 

参考になった方だけで構いませんので、応援していただけるとうれしいです。


デイトレードランキング

 

  • 当サイトは、情報提供のみを目的としており、投資や運用等の助言をおこなうものではありません。
  • 当サイトを利用した際のトラブルや損害について、当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
  • 投資にあたって最終判断は、視聴者様ご自身の裁量(自己責任)でお願い致します。
  • 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について、当サイト及び管理人は一切の責任を負いません。

 

 

スポンサーリンク


 

関連記事

お気軽に質問、コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください