FXで勝つためには、過去検証でどのくらいのデータを集めればいいのか

 

FXでは過去検証が大切ですが、どのくらいのデータを集めれば信憑性があるのか?

 

読者様より質問がありましたので、一つずつ回答していきます。

 

スポンサーリンク

どのくらいのデータを過去検証すればいいのか

 

ここからは質問内容になります。

 

初めてコメントします。
FX歴10年近くになるYNです。
退場したことは無いですが、適当にエントリーして勝ったり負けたりの繰り返しです。

過去検証はかなりしんどい
と書かれていますが、凄い苦労をされているのだなと思いました。
私も過去に(自己流ですが)やっていました。
本などの手法で勝てるのか、チャートを遡り考えていましたが、勝てない手法ばかりでしたので、挫折しました。
その結果、前述のような適当なエントリーばかりになったのだと思います。

ですが、手法が大切なのでは無くて、勝てる確率の高い手法を自分の中で確立することが大切なのだと気づきました。

1つ質問があります。
過去検証を行う通貨ペアは1つ、期間は半年で検証されているのですか?
日足や4時間足を含めた検証でもこの期間にしているのですか?
データ数はどのくらい集めれば参考になるのでしょうか?
データを集め、その中からどのような場面で成功するかを絞り込んで確率を出すとなると、相当なデータ数が無いとできないと思います。

 

質問ありがとうございます。

 

一つずつ回答していきます。

 

手法が大切なのでは無くて、勝てる確率の高い手法を自分の中で確立することが大切

 

仰る通りです。

 

いくら勝てる確率の高い手法でも、損切り位置、利確位置を把握し資金管理を徹底しなければなりません。

 

また、自分の中でエントリーするか見送るかの判断をする力がなければ、トータルで安定して勝つことは難しいでしょう。

 

過去検証を行う通貨ペアは1つ、期間は半年で検証?

 

自分がやってきたことですが、まずは一つの通貨に絞って、半年から1年の期間を検証することで、完璧ではありませんが、なぜ勝てたのか、なぜ負けたのかがおぼろげながらでも見えてきます。

 

さらにエントリーの絞り込みを行って、検証をし直す、の繰り返しで、破産確立が0%になったら、他の通貨×12通貨をさらに同じ方法で検証しました。

参考記事FX過去検証における大切な8ステップ

 

日足や4時間足を含めた検証でもこの期間?

 

日足や4時間足を含めた検証です。

 

エントリータイミングは1時間足以下になると思いますが、環境認識をするためには、日足や4時間足のトレンドやレジサポを引く必要がありますので、1時間足以下でエントリータイミングを計ったとしても日足や4時間足も含めた検証になります。

 

データ数はどのくらい集めれば参考になるのでしょうか?

 

自分は2年間×12通貨で何度も絞り込みを行って過去検証し続けました。

 

しかし、半年×12通貨で安定して勝てるようであれば、低ロットで実弾でトレードに入って問題ないかなと感じています。

 

実弾でトレードをすることで、過去検証だけでは見えてこなかった反省点も多々出てくるので、実弾トレードで経験を積むことも大切になります。

 

実弾トレードで3ヵ月間ほど安定して勝てるまでは、1,000通貨など必ず低ロットでやることをおすすめします。

 

相当なデータ数が無いと信憑性がないのでは?

 

確かに結局は確率論になるため、何万、何十万エントリーなどの膨大データがなければ確率に信憑性は生まれないと思っています。

 

ただ、それは適当に決めた独自のエントリールールで過去検証した場合に限ると思います。

 

100年以上も前から提唱されているダウ理論や、何十年と勝ち続けている多くのトレーダーが重要視している水平線やマルチタイムフレーム分析、資金管理を徹底しているのであれば、半年間×12通貨のデータで過去検証し安定して勝てるようになり、3ヵ月間の実弾トレードでも安定して勝てるようであれば、十分ではないかと判断しました。

 

こればかりは難しい判断ですが、データが足りないのと思うのであれば、何十年分のデータを集めてから実弾トレードに入るしかないかなと感じます。

 

まとめ

 

FXで勝てるようになるためには、どのくらい過去検証でデータを集める必要があるのかについては、やはり確率論ですので、何万、何十万ものデータが必要だと思います。

 

ただし、それはダウ理論や、レジサポ、マルチタイムフレーム分析を無視した独自のエントリールールを確立したときに限るかなと思います。

 

何十年と勝ち続けている多くのトレーダーが重きを置いている、ダウ理論、レジサポ、マルチタイムフレーム分析、そして資金管理を参考に過去検証をしているのであれば、何万、何十万ものデータは必要ないと判断しました。

 

参考になれば幸いです。

 

ランキングにある自分の紹介文に、今日の監視通貨を記載しております。

興味がある方は下記バナーからご確認ください。


デイトレードランキング

 

環境認識をするにはMT4が最適です。

 

OANDA JAPANのスプレッドのポリシーは、ユーザの区別なく、最も狭いスプレッドを提供していることで、MT4のスプレッドでは、世界でも最も狭い水準になっております。

 

不利なレートで約定(スリッページ)、約定拒否(リジェクト)も感じられませんし、再クオート、約定拒否もありません。

⇒OANDA_Japanの口座開設手順

 

  • 当サイトは、情報提供のみを目的としており、投資や運用等の助言をおこなうものではありません。
  • 当サイトを利用した際のトラブルや損害について、当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
  • 投資にあたって最終判断は、視聴者様ご自身の裁量(自己責任)でお願い致します。
  • 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について、当サイト及び管理人は一切の責任を負いません。

 

スポンサーリンク


 

関連記事

お気軽に質問、コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください