トルコリラ暴落からみるFXで損切りしないトレードの恐怖

 

トルコリラは一切チャートを見ていませんが、さすがにこれだけ話題になっていたのでチャートを見ていましたが、とんでもないことになっていますね。

 

大損をしているトレーダーも多いようで、トランプ大統領のツイッターや、エルドアン大統領の対応が原因で大負けした・・・とか言っている方もいましたが、自分からしたらそんなことは一切関係ありません。

 

もちろん、両大統領の言動が原因で価格が急落したのは関係してきますが、損切りをすれば済む問題ですし。

 

あれだけ価格が下がっているのにそろそろ上がるだろう、という予想だけで買いをいれたり、塩漬けにしているのが大問題です。

参考記事必ず抑えておきたいFXで絶対にしてはいけないこと

 

ファンダメンタルズ分析やスワップ金利狙いの取引スタイルによる違いなのでしょうか。

 

資金が膨大にある人は買いはありなのかもしれませんが、自分のような一般的な弱小トレーダーには危険極まりないトレードスタイルになります。

 

スポンサーリンク

トルコリラのチャートはどこまで下がるのか

 

自分は予想では取引しないので、どこまで下がるかは分かりません。

 

一桁台まで下がるのかもしれませんし、トランプ大統領とエルドアン大統領が仲直りして、価格が上がるのかもしれません。

 

基本的にはチャートの形状を見て結果についていく取引スタイルなので、予想はしますが予想だけで取引することは絶対にありません。

 

トルコリラ円の日足チャート

 

トルコリラ円の日足を見てみましょう。

 

昨年2017年の安値を2018年の3月頭で下抜けて以来、下降トレンドが継続中で、そこから半年で12円もの下降につながりました。

 

先週の動きだけで6円も下降しているので、ものすごい相場になっていますね。

 

トルコリラは取引しませんが、自分ならこの相場を見る限り、狙うなら戻り売り一択です。

 

もちろん、取引するのであれば、時間軸を落として詳細に状況を判断しますが。

 

これだけ下がったんだからそろそろ上がるだろう、という値ごろ感トレードは、いずれFX資金を溶かしてしまうことになるでしょう。

参考記事値ごろ感トレードでFX資産を溶かしてしまった・・・

 

たしかに、牧師拘束の問題が進展の可能性を示唆していることや、中央銀行による実質的な金融引き締め策が導入され、価格が上昇しているので、このまま買いでホールドする考えも取引スタイルの違いですので間違っていることではないのかもしれません。

 

しかし、自分はテクニカル分析のみでトレードしているので、やはり明確なシグナルが発生するまでは、買いは怖くてできないですね。

参考記事FXで稼げるようになるまでにしたことを全てまとめてみました

 

スポンサーリンク

結局は損切りをしないと一発退場のリスクが高まる

 

損切りをしなければ勝てる、というサイトもありますが、それは一時的には勝てる、ということで長い目で見たら、今回のトルコリラよう上昇せずに一発退場してしまうリスクが高まります。

 

このまま上昇して、やっぱり損切りしなければよかった・・・

 

と思うのはとても危険な思考になります。

 

また、無計画なナンピンは確実に破産に近づきますので、絶対に避けましょう。

参考記事FXでのナンピン手法は計画的に実施しないと破産の道へ

 

デイトレーダーであろうが、スイングトレーダーであろうが、損切り幅は変わってくるものの、やはりエントリー根拠が崩れたのであれば、迷わず損切りしなければなりません。

 

損を確定させることは腹ただしいことではありますが、それでも次につなげるという意味でも、損を最小限で確定させてFX資産を守った、と捉えることが大切です。

 

このまま損切りをせずにいれば勝率は確実に上がり、ある程度の期間は勝ち続けることができるかもしれませんが、このままダラダラと下がって一発でFX資産を溶かしてしまっては完全に終わりです。

 

FXではいかにリスクを最小限に抑えて生き残れるかが大切になります。

 

まとめ

 

トルコリラのチャートがすごいことになっていますが、根拠をもってロングするのであれば全く問題ないのですがが、値ごろ感でそろそろロング、みたいな発想は危険極まりないトレードになるため、おすすめはできないです。

 

また、いつか上がるであろうという思いで含み損を抱え続けると、今回のトルコリラのように下落し続け、FX資産を一発で溶かしてしまう可能性もあります。

参考記事損切り幅が広くても関係ないが、損失額を固定しなければ破産確率が上がってしまう

 

エントリー根拠が崩れたのであれば、潔く損切りする。

 

そうしなければ精神的にもきついですし、安定したトレード結果も残すことができません。

 

ランキングにある自分の紹介文に、今日の監視通貨を記載しております。

興味がある方は下記バナーからご確認ください。


デイトレードランキング

 

  • 当サイトは、情報提供のみを目的としており、投資や運用等の助言をおこなうものではありません。
  • 当サイトを利用した際のトラブルや損害について、当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
  • 投資にあたって最終判断は、視聴者様ご自身の裁量(自己責任)でお願い致します。
  • 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について、当サイト及び管理人は一切の責任を負いません。

 

スポンサーリンク


 

関連記事

お気軽に質問、コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください