【FX,ドルスイスフラン】押し安値ネックラインでのレジサポ転換狙い

USDCHFのエントリー

 

2018年8月16日、ドルスイスフランのエントリーになります。

 

それでは環境認識から行きます。

 

スポンサーリンク

USDCHFエントリーポイント

 

日足はもみ合っているが上昇トレンド中

 

日足は大きな上昇波の後、3カ月ほどもみ合い中。

 

この時点では、全体的にドルが買われていたのでロングのタイミングを計っていました。

 

4時間足はダブルボトム根元付近まで戻っての上昇

 

4時間足は波形が汚いですが、赤丸で戻り高値を上抜けました。

 

その後、先月終値でダブルボトムを付け、ダブルボトムネック、高値を上抜け、上昇トレンドに転換しました。

 

上昇トレンドに転換後、ダブルボトムの根元付近まで戻ってきたのでロング。

 

エントリー後は上昇したものの

 

エントリー後はきれいに上昇しましたが、高値を超えられず、そのままN字で下降し損切りになりました。

 

スポンサーリンク

エントリー結果

 

-23.7Pips

 

4時間足の波形が汚かったのですが、全体的にドル買いが強かったので強気のエントリーでした。

 

いったんは上昇したものの高値更新ならず、その後は全体的に調整の波になり、USDCHFも合わせる形で下落し、損切りになりました。

 

朝起きた時にかなり下落していましたが、しっかりと損切り設定していたので問題ありません。

参考記事あなたにとってFXの最適な損切りラインはどこ?

 

8月のエントリー結果

 

164.7Pips

 

ランキングにある自分の紹介文に、今日の監視通貨を記載しております。

興味がある方は下記バナーからご確認ください。


デイトレードランキング

 

環境認識をするにはMT4が最適です。

 

OANDA JAPANのスプレッドのポリシーは、ユーザの区別なく、最も狭いスプレッドを提供していることで、MT4のスプレッドでは、世界でも最も狭い水準になっております。

 

不利なレートで約定(スリッページ)、約定拒否(リジェクト)も感じられませんし、再クオート、約定拒否もありません。

⇒OANDA_Japanの口座開設手順

 

  • 当サイトは、情報提供のみを目的としており、投資や運用等の助言をおこなうものではありません。
  • 当サイトを利用した際のトラブルや損害について、当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
  • 投資にあたって最終判断は、視聴者様ご自身の裁量(自己責任)でお願い致します。
  • 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について、当サイト及び管理人は一切の責任を負いません。

 

スポンサーリンク


 

関連記事

お気軽に質問、コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください