【FX,ドルカナダドル】日足上昇フラッグ抜けエントリー

USDCADのエントリー

 

 

2018年9月10日、ドルカナダドルのエントリーになります。

 

それでは環境認識から行きます。

 

スポンサーリンク

USDCADエントリーポイント

 

日足は上昇フラッグ抜け

 

日足は上昇トレンド中で、上昇フラッグを上抜けました。

 

その後は、上昇フラッグ上限までプルバックが入り、明けの明星が完成しそうです。

 

したがって、あとは短期足でタイミングを計ってロングを待っていました。

 

4時間足は戻り高値付近でダブルボトム

 

4時間足は戻り高値を上抜け下降トレンドが崩壊しました。

 

その後、戻り高値までは戻りませんでしたが、小さな節目でダブルボトムを付け、ネックラインをブレイク。

 

その後、N字で上昇したので下値は重いと判断しロング。

 

その後の状況です。

 

N字失敗でダブルトップ後下落

 

N字狙いロングでしたが、高値を更新できず下降しました。

 

画像が取り遅れましたが、逆指値に引っかかり、損切りになりました。

 

スポンサーリンク

エントリー結果

 

-57.4Pips

 

自分の中ではきれいなパターンでしたが、ダブルトップネックラインからのレジサポ転換狙いも、高値を更新できずにダブルトップの形から下降し、損切りになりました。

 

9月のエントリー結果

 

51.6Pips

 

ランキングにある自分の紹介文に、今日の監視通貨を記載しております。

興味がある方は下記バナーからご確認ください。


デイトレードランキング

 

環境認識をするにはMT4が最適です。

 

OANDA JAPANのスプレッドのポリシーは、ユーザの区別なく、最も狭いスプレッドを提供していることで、MT4のスプレッドでは、世界でも最も狭い水準になっております。

 

不利なレートで約定(スリッページ)、約定拒否(リジェクト)も感じられませんし、再クオート、約定拒否もありません。

⇒OANDA_Japanの口座開設手順

 

  • 当サイトは、情報提供のみを目的としており、投資や運用等の助言をおこなうものではありません。
  • 当サイトを利用した際のトラブルや損害について、当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
  • 投資にあたって最終判断は、視聴者様ご自身の裁量(自己責任)でお願い致します。
  • 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について、当サイト及び管理人は一切の責任を負いません。

 

スポンサーリンク


 

関連記事

お気軽に質問、コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください