【FX,ドルカナダドル】押し安値ネックラインでのレジサポ転換狙い

USDCADのエントリー

 

2018年8月15日、ドルカナダドルのエントリーになります。

 

それでは環境認識から行きます。

 

スポンサーリンク

USDCADエントリーポイント

 

日足は先月安値で1週間ほど下支え

 

日足は赤丸で戻り高値を上抜けたました。

 

その後、高値を青丸で上抜けたことにより、上昇トレンドに転換しました。

 

上昇トレンド転換後は1カ月ほどかけて、押し目が入り、先月安値の緑丸で何度も反発もみ合い、MA100でのグランビルの法則も決まり上抜けましたので、目線は上目線で固定になります。

 

4時間足は押し安値ネックラインでのレジサポ転換

 

4時間足は先月安値でダブルボトムを形成し、赤丸で戻り高値、かつダブルボトムネックラインをブレイク。

 

ブレイク後は押し目が入り、先月終値の青丸からレジサポ転換で上昇しました。

 

ここでロングしたかったのですが、パターンが気に入らず上昇してしまいました。

 

しかし、その後に押し安値ネックラインまで押し目を付け、押し安値ネックラインでのレジサポ転換、MA50でのグランビルの法則、MA100 とMA50のゴールデンクロスも決まりそうでしたのでロング。

参考記事レジサポ転換を意識してFXをより優位に

 

その後の状況です。

 

エントリー後は高値まできれいに上昇

 

エントリー後は含み損を抱えることなくきれいに上昇してくれました。

 

目標の高値付近まで上昇し利確に成功しました。

 

スポンサーリンク

エントリー結果

 

75.5Pips

 

全体的にクロス円が大きく動いた日でしたが、ドルカナダドルもきれいに上昇してくれたので、ストレスなく利確に成功しました。

 

先月は全くエントリーチャンスがなく終わってしまいましたが、それでも自棄にならずに、自分のパターンがくるまでじっくり待つことが大切になります。

 

負けているからといって、無理にエントリーポイントを見出してしまえば、せっかく勝てる手法にもかかわらず、長い目で見ればマイナス収支を叩き出すことになってしまいますので。

参考記事必ず抑えておきたいFXで絶対にしてはいけないこと

 

8月のエントリー結果

 

188.4Pips

 

ランキングにある自分の紹介文に、今日の監視通貨を記載しております。

興味がある方は下記バナーからご確認ください。


デイトレードランキング

 

環境認識をするにはMT4が最適です。

 

OANDA JAPANのスプレッドのポリシーは、ユーザの区別なく、最も狭いスプレッドを提供していることで、MT4のスプレッドでは、世界でも最も狭い水準になっております。

 

不利なレートで約定(スリッページ)、約定拒否(リジェクト)も感じられませんし、再クオート、約定拒否もありません。

⇒OANDA_Japanの口座開設手順

 

  • 当サイトは、情報提供のみを目的としており、投資や運用等の助言をおこなうものではありません。
  • 当サイトを利用した際のトラブルや損害について、当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
  • 投資にあたって最終判断は、視聴者様ご自身の裁量(自己責任)でお願い致します。
  • 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について、当サイト及び管理人は一切の責任を負いません。

 

スポンサーリンク


 

関連記事

お気軽に質問、コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください