【FX,AUDJPY】アメリカ・消費者物価指数で瞬間トレード

豪ドル円のエントリー

久々に気持ちよく決まったトレードができました。

 

経済指標のおかげなんですが、一瞬で終了。

 

ということで、今回は2018年2月14日、AUJPYのエントリーとなります。

 

FXで安定して勝ち続けるためには、環境認識が必要です。

 

デイトレーダーだけではなく、スイング、スキャルピングトレーダーも同様です。

 

環境認識しなくても勝っていると謳っているサイトがよくありますが、ごく稀であり、そんなんで勝てるほど相場は甘くないと思っています。

 

したがって、まずは環境認識から。

 

スポンサーリンク

AUDJPYエントリーポイント

 

日足の環境認識

 

豪ドル円日足

日足は下降トレンドに入ってから戻りらしい戻りがなく、エントリータイミングを逃していましたが、小さな戻りを付けたのでチャンスがないかうかがっていました。

 

4時間足の環境認識

 

豪ドル円4時間足戻り高値ネックラインで反応

4時間足もずっと下降トレンド中で戻り高値ネックラインまで戻りをつけたので、ショートの準備をしていましたが、短期足がなかなかお気に入りの形にならなく、ようやく形が気に入ったところでショート。

 

エントリー後の状況

 

豪ドル円一瞬で利確

アメリカ・消費者物価指数の影響で、クロス円が一気に安値を更新し利確に成功しました。

参考記事経済指標発表時のトレードは控えるべきなのか

 

ファンダメンタルズ分析はしていないので、経済指標によって利確できたのは、あくまで結果論です。

 

もちろん、ファンダメンタルズ分析をメインでやっている人は違うと思いますが、自分はテクニカル分析がメインなので。

 

スポンサーリンク

エントリー結果

 

+56.6Pips

 

10分ちょっとで利確に成功してくれたので、久々に気持ちよく決まりました。

 

アメリカ・消費者物価指数の結果がどうこう言っていますが、自分はほぼテクニカル分析しかしておりませんので、特に気にしていないんですよね。

 

テクニカル分析をして、指標の結果で一気に利確できたのはありますが、指標がなくてもテクニカル通りに動くと思っているので。

 

2月のエントリー結果

 

+150.1Pips

 

参考になった方だけで構いませんので、応援していただけるとうれしいです。


デイトレードランキング

 

  • 当サイトは、情報提供のみを目的としており、投資や運用等の助言をおこなうものではありません。
  • 当サイトを利用した際のトラブルや損害について、当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
  • 投資にあたって最終判断は、視聴者様ご自身の裁量(自己責任)でお願い致します。
  • 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について、当サイト及び管理人は一切の責任を負いません。

 

スポンサーリンク


 

関連記事

お気軽に質問、コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください