【FX,USDCHF】中国の報復関税発表による上下動

USDCHFのエントリー

 

中国の報復関税発表により、ドルが買われ。

 

その後は、米中貿易摩擦の懸念材料からドルが売られるという大きな上下動がありました。

 

ということで、2018年4月3日、USDCHFのエントリーになります。

 

環境認識からいきます。

 

スポンサーリンク

USDCHF

 

日足は押し安値からのレジサポ転換なるか

 

日足は押し安値(黄点線)から大きく上昇し、直近高値でコマ足包み線を作りましたが、下げの勢いが弱かったです。

 

4時間足は戻り高値に届かずだが

 

4時間足は戻り高値(緑線)には届きませんでしたが、MA20が意識されたようで、グランビルの法則で上昇しました。

 

再度、戻り高値まで押しが入ると思いましたが、大陽線ができたのでロング。

参考記事ローソク足とは?ローソク足の形状からFX攻略のヒントを読み取る

 

利確ポイントまでは距離があるため、翌日に持ち越しです。

 

中国の報復関税発表により大きく下落

 

エントリー後は綺麗に上昇しましたが、中国の報復関税発表により大きく下落しました。

 

しかし、その後は貿易摩擦の激しい攻防を懸念し、ドルが買われたようです。

 

損切りラインまでは余裕があり、結局、直近高値のレジサポ転換が決まり、上昇しました。

 

一気に50Pipsくらいの下落で、昔なら15分足をみていたので、おそらくビビッてチキン利食いしている場面だったと思います。

 

とりあえずは、上昇してくれましたが、またしても翌日に持ち越しです。

 

貿易摩擦の激しい攻防を懸念後はすんなりと上昇

 

その後は、なだらかに上昇して、ロンドン時間で利確になりました。

 

スポンサーリンク

結果

 

+54.3Pips

 

米中貿易摩擦により、翻弄されましたが、何とか損切りにあうことなく、利確に成功しました。

 

4月の結果

 

+14.4Pips

 

参考になった方だけで構いませんので、応援していただけるとうれしいです。


デイトレードランキング

 

  • 当サイトは、情報提供のみを目的としており、投資や運用等の助言をおこなうものではありません。
  • 当サイトを利用した際のトラブルや損害について、当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
  • 投資にあたって最終判断は、視聴者様ご自身の裁量(自己責任)でお願い致します。
  • 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について、当サイト及び管理人は一切の責任を負いません。

 

 

スポンサーリンク


 

関連記事

お気軽に質問、コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください