【FX,NZドル】4時間足戻り高値でのダブルトップ右肩からのエントリー

NZDUSDのエントリー

 

2018年6月26日、NZドルのエントリーになります。

 

今月は勝ち額が少ないですが、それでも焦らずに待ちつつけた結果、ようやくいい形になりました。

 

それでは環境認識から行きます。

 

スポンサーリンク

NZDUSDエントリーポイント

 

日足のプルバックは浅いが

 

日足はプルバックらしいプルバックがなく、大きな下げで、エントリータイミングが難しかったです。

 

その後は、赤丸までプルバックが入り、きれいな形で下降。

 

プルバックは浅いですが、4時間足の形がきれいでした。

 

4時間足は戻り高値がレジスタンスとして効いてそう

 

4時間足の画像を撮り忘れてしまいましたので、右側を隠して環境認識します。

 

4時間足は、下降トレンド中で、戻り高値(緑点線)までプルバックが入りました。

 

戻り高値を上抜けようとしましたが、すべて上ヒゲで跳ね返され、ダブルトップをつけそうです。

 

したがって、上値は重たそうなので、ダブルトップ右肩からのショート。

 

エントリー後は、きれいに下降しましたが、目標部まではまだ距離があったので、次の日に持ち越しです。

 

7時45分にNZ・貿易収支がありますが、さすがにその時間は起きれないので、そこで一気に目標部まで届いてもらえればうれしいんですがどうなるか。

 

経済指標のNZ・貿易収支では目標部に届かず

 

残念ながら、7時45分のNZ・貿易収支では目標価格までギリ届いていなかったようです。

 

しかし、午前中には目標部まで到達し、利確に成功しました。

 

スポンサーリンク

エントリー結果

 

53.1Pips

 

冒頭にも述べた通り、今月は勝ち額が少ないですが、それでも焦らずに待ち続けた結果、ようやく最終週にいい形になり、勝ちにつなげることができました。

 

この勝ちでもまだ少ないですが、まー及第点でしょうか。

 

6月のエントリー結果

 

104.3Pips

 

ランキングにある自分の紹介文に、今日の監視通貨を記載しております。

興味がある方は下記バナーからご確認ください。


デイトレードランキング

 

環境認識をするにはMT4が最適です。

 

OANDA JAPANのスプレッドのポリシーは、ユーザの区別なく、最も狭いスプレッドを提供していることで、MT4のスプレッドでは、世界でも最も狭い水準になっております。

 

不利なレートで約定(スリッページ)、約定拒否(リジェクト)も感じられませんし、再クオート、約定拒否もありません。

⇒OANDA_Japanの口座開設手順

 

  • 当サイトは、情報提供のみを目的としており、投資や運用等の助言をおこなうものではありません。
  • 当サイトを利用した際のトラブルや損害について、当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
  • 投資にあたって最終判断は、視聴者様ご自身の裁量(自己責任)でお願い致します。
  • 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について、当サイト及び管理人は一切の責任を負いません。

 

スポンサーリンク


Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください