【FX,豪ドル円】FOMC前に逆指値を仕込んで就寝

AUDJPYのエントリー

 

2018年6月14日、豪ドル円のエントリーになります。

 

FOMCまで起きているのはきつかったので、FOMCでのブレイク見越して、逆指値を設定しました。

 

それでは環境認識から行きます。

 

スポンサーリンク

AUDJPY

 

日足

 

日足は青丸で高値を上抜け、上昇トレンドが発生しました。

 

その後、深めの戻しがありましたが、日足押し安値(黄破線)を守り、上昇トレンド継続と思われましたが、高値をギリギリ抜けずで、上昇トレンド継続となりませんでした。

 

日足高値が、先月高値とも重なっており、ダブルトップを形成しそうな局面でした。

 

上目線ではありますが、下位時間軸の状況を見てショートができそうです。

 

4時間足

 

4時間足は先月高値でダブルトップを形成しそうな局面で、4時間足押し安値を赤丸で下抜けました。

 

これにより、きれいな下げの1波が完成したので、下目線で攻めていけそうです。

 

その後、プルバックは深めに入りましたが、コマ足包み線の意識されるレジスタンスで止まっています。

 

さらに小さなダブルトップが完成しそうでしたので、FOMCで小さなダブルトップネックブレイクを見越して、逆指値を設定し就寝しました。

 

朝起きた時にはすでに逆指値に引っかかり、ブレイクしていたようです。

 

その後の状況

 

ブレイク後は、深い戻しもなく目標まで下降し、利確に成功しました。

 

スポンサーリンク

結果

 

63.4Pips

 

FOMCは全体的に微妙な動きで、結局は気持ちよく利確はできませんでした。

 

それでも、深い戻しもなく、目標部まで下降してくれたのでよかったです。

 

6月の結果

 

-4.0Pips

 

ランキングにある自分の紹介文に、今日の監視通貨を記載しております。

興味がある方は下記バナーからご確認ください。


デイトレードランキング

 

  • 当サイトは、情報提供のみを目的としており、投資や運用等の助言をおこなうものではありません。
  • 当サイトを利用した際のトラブルや損害について、当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
  • 投資にあたって最終判断は、視聴者様ご自身の裁量(自己責任)でお願い致します。
  • 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について、当サイト及び管理人は一切の責任を負いません。

 

スポンサーリンク


 

関連記事

お気軽に質問、コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください