【FX,豪ドル】利確目標まで10Pips届かずで振り回されました

AUDUSDのエントリー

 

2018年8月22日、豪ドルのエントリーになります。

 

それでは環境認識から行きます。

 

スポンサーリンク

AUDUSDエントリーポイント

 

日足は移動平均線50でグランビルの法則

 

日足は1ヵ月強の横ばいを赤丸で下抜けました。

 

ここから戻り売りを待っていましたが、ようやく戻り売り候補の戻り高値(緑破線)ネックラインまで戻りをつけ、移動平均線50でグランビルの法則が決まりそうな局面です。

 

4時間足はダブルトップネックラインでヘッド&ショルダー完成なるか

 

4時間足は大きな下降波を描いて、戻りを付けていました。

 

戻り売り候補の戻りが押し安値(黄点線)、ダブルトップネックラインまで戻ってきて、ヘッド&ショルダーが完成するかどうかの局面になりました。

 

1週間前のことなので忘れてしまいましたが、確かFOMCを控えていたので、ヘッド&ショルダーネックラインに逆指値を設定して就寝しました。

 

エントリー後はきれいに下降したが・・・

 

FOMCでは一旦上に大きく振れましたが、その後はヘッド&ショルダーネックラインを赤丸でブレイクしたようです。

 

ブレイク後はきれいに下降し簡単に利確と思われましたが、利確目標部の青丸まで10Pips届かずでした。

 

ちょっとプルバックが入って、目標部まで行くだろうと思いましたが、わずか1日で100Pipsほどの深めのプルバックが入ってしまいました。

 

緑丸の損切りラインまで数Pipsと迫りましたが、何とか損切りに引っかからずに下降し、今度は目標部まで届いてくれました。

 

スポンサーリンク

エントリー結果

 

105.9Pips

 

簡単に利確できると思いましたが、10Pipsほど足りずに深いプルバックが入ってしまったため、1週間ほど保有させられたのでしんどかったです。

 

ただ、8月最終日に無事利確で終えることができたのでよかったです。

 

8月のエントリー結果

 

270.6Pips

 

ランキングにある自分の紹介文に、今日の監視通貨を記載しております。

興味がある方は下記バナーからご確認ください。


デイトレードランキング

 

環境認識をするにはMT4が最適です。

 

OANDA JAPANのスプレッドのポリシーは、ユーザの区別なく、最も狭いスプレッドを提供していることで、MT4のスプレッドでは、世界でも最も狭い水準になっております。

 

不利なレートで約定(スリッページ)、約定拒否(リジェクト)も感じられませんし、再クオート、約定拒否もありません。

⇒OANDA_Japanの口座開設手順

 

  • 当サイトは、情報提供のみを目的としており、投資や運用等の助言をおこなうものではありません。
  • 当サイトを利用した際のトラブルや損害について、当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
  • 投資にあたって最終判断は、視聴者様ご自身の裁量(自己責任)でお願い致します。
  • 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について、当サイト及び管理人は一切の責任を負いません。

 

スポンサーリンク


 

関連記事

お気軽に質問、コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください