体罰、パワハラ、セクハラと厳しいご時世に1人で仕事できる喜び

 

セクハラやパワハラ、体罰という問題が世間を騒がしている。

 

自分が学生の頃は体罰が当たり前であったのだが・・・

 

スポンサーリンク

体罰は悪ではあるが・・・

 

中学生の時、休み時間に毎回、廊下でサッカーをしていたのだが、先生に見つかるといつも怒られていた。

 

しかし、怒られるだけではやめないのが悲しい性。

 

最終的には、モップで思いっきり頭を殴られた。

 

周りにいた友達曰く、棒がめっちゃしなっていたというくらいなので、思いっきりしばかれたのは言うまでもない。

 

やっていることと、体罰の差が激しい気もするが、自分が悪いと思っていたので仕方ないと諦めている。

 

高校生の時、数学の授業中にゲームボーイでドクターマリオをしていた。

 

早く青のカプセル投げろよと焦っていたところ、廊下から熱い視線を感じた。

 

扉のガラス部分に目をやると、古典の先生がにらみをきかしていた。

 

熱い視線の正体は腕の分厚い古典の先生だったようだ。

 

そして、その視線は言わずもがな怒りに満ち溢れている。

 

この時点で自分はあきらめた。

 

あー、また殴られる・・・

 

案の定、授業中に教室に入ってきて、「佐藤借ります」とドスのきいた声で呼び出された。

 

反省しているので許してもらえませんか?と、これでもかというくらい反省の眼差しを送ろうとした、そんなわずかな隙も与えてくれず、蝶野並みのフルスイングが顎にヒット。

 

戻ってくるとみんなにビンタされたでしょ(笑)、といわれたくらいなので、ビンタされた乾いた音が大きく響き渡っていたようだ。

 

やっていることと、体罰の差が激しい気もするが、これも自分が悪いと反省した。

 

殴られた数は数え切れない。

 

ただ全ては自分が悪いと思っている。

 

時にえっ?なんで?と思われるようなことでボコボコにされている人もいたが。(笑)

 

何でもかんでも体罰やパワハラと言われてしまえば、モンスターペアレントなる怪物と舐められた生徒に挟まれてしまい、先生の立場がどんどん弱くなってしまう。

 

そうなると、生徒がどんどん付け上がってくる。

 

そこで問題になったのが、生徒が先生を思いっきりしばいている動画である。

 

こういった、ふざけた生徒がどんどん増えてくるのも時間の問題な気がしてならない。

 

となると、先生を志す人もどんどん少なくなるのではないか。

 

体罰は否定派ではあるものの、最低限は必要なのではないかと考えてしまい、今は何でもかんでも騒ぎすぎのような気もする。

 

職場でも女性と話すと何がセクハラに値するかわからないので、それならしゃべらないほうが無難との声もちらほら。

 

怖い時代ですよ。

 

ちょっとしたことで体罰だパワハラだセクハラだと騒がれるこのご時世、本当に1人で仕事できる今の環境は気を使わなくて楽だなと、ローソク足の上下動を見ながらしみじみ感じる今日この頃であった。

 

ランキングにある自分の紹介文に、今日の監視通貨を記載しております。

興味がある方は下記バナーからご確認ください。


デイトレードランキング

 

  • 当サイトは、情報提供のみを目的としており、投資や運用等の助言をおこなうものではありません。
  • 当サイトを利用した際のトラブルや損害について、当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
  • 投資にあたって最終判断は、視聴者様ご自身の裁量(自己責任)でお願い致します。
  • 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について、当サイト及び管理人は一切の責任を負いません。

 

スポンサーリンク


Tags:
 

関連記事

お気軽に質問、コメントをお寄せください

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください